財務省職員の手記で「文春」が絶好調、財務官僚が恐れる遺族の直撃

財務省職員の手記で「文春」が絶好調、財務官僚が恐れる遺族の直撃
拡大する(全1枚)
イメージ画像

 新型コロナの影響は、当然ながら雑誌業界にも影響を及ぼしている。週刊誌デスクが嘆息気味に語る。

「『報道ステーション』(テレビ朝日系)は富川悠太アナの感染を受けて、全スタッフを入れ替えて制作していることのですが、週刊誌にそんな人手の余裕はありません。数人欠けただけで本が出せないこともありえる。ゲラの修正を紙に書き込むため、完全な在宅勤務は不可能ですが、編集長やデスク以外は、基本的に編集部に来ないよう指示が出ています」

 取材で出歩くこともままならず、記事のクオリティに頭を悩ませる中、気を吐いているのが「週刊文春」(文藝春秋)である。

「売上が全く落ちてないそうです。休店している書店も多いため、もし通常通りだったらかなりの売り上げだったはず。文春は、コロナ特集にも力を入れていますが、勝因は森友問題の文書改ざんを苦に自殺した近畿財務局職員・赤木俊夫さんの件をしつこく取り上げていることでしょう」(同)

 3月18日発売号で赤木さんの遺書を掲載し、発売わずか1日で完売。ネット時代のご時世に雑誌の完売が出たことは、出版関係者の度肝を抜いた。

「担当記者の誰もが狙っていた大スクープというだけでなく、SNSで遺書が話題となり、文春に縁のなかった若者も購入しました。東京五輪延期に端を発し、翌週以降、メディアはコロナ一色となりましたが、その後も文春はトップ記事で遺書の話を掲載し続けた。直近の4月16日発売号でも左トップの大きな扱いです。文春だけはこの話題を忘れないという愚直な姿勢が、好感が持たれているのでしょう」(同)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク