北川景子が待望の第1子妊娠も、所属事務所はスピード復帰を熱望する台所事情

「スタダは人材豊富ですが、柴咲コウが独立してしまい、それなりの出演料が入って、連ドラや映画で主演を張れて、かつ結果を残せるような女優は北川くらいしかいないのが実情。ですから、事務所としても北川が早期に妊娠することは回避してほしかった。スタダでは竹内結子が第2子を出産したばかりで育休中。このうえ、北川がしばらくいなくなるとなれば、永野芽郁、小松菜奈、本田翼、窪田正孝、山崎賢人、岡田将生、林遣都らの若手、中堅にがんばってもらうしかないでしょう」(芸能プロ関係者)

 ただ、事務所としては、産休、育休が長期間に及ぶことは避けてほしいようだ。

「やはり北川にはいてもらわないと困るわけです。日テレからは『家売るオンナ』第3シーズンの熱烈オファーも届いていると言いますし、出産後、スピード復帰を望んでいるようです。極端な話、DAIGOに仕事をセーブしてもらって、子どもの面倒をできるだけ見てもらいたいというのが本音でしょう」(前出のスポーツ紙記者)

 妊娠はとてもおめでたい話だが、この先、北川にとっては、大変な生活が待ち受けているようだ。人気者はつらいということか……。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

北川景子のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「北川景子」に関する記事

「北川景子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北川景子」の記事

次に読みたい「北川景子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク