外出自粛CMでイメージアップ!? 小池百合子都知事に「まるで選挙運動だ」と自民党から怨嗟の声

外出自粛CMでイメージアップ!? 小池百合子都知事に「まるで選挙運動だ」と自民党から怨嗟の声
拡大する(全1枚)
小池百合子東京都知事

 新型コロナウイスルの感染拡大と軌を一にして、存在感を増してきた政治家がいる。それが小池百合子東京都知事だ。

 3月24日に東京五輪の延期が決まるやいなや、翌日には「感染拡大の重大局面」として、都の将来的な「ロックダウン」の可能性にも言及。その後も、政府に緊急事態宣言を早く出すように突き上げる姿勢を鮮明にして、「政府VS都」という構図を作り上げた。危機感が強い=東京都、対応が遅い=政府という対立を見事に演出した。

 さらに、4月7日に緊急事態宣言が発令されると、店舗などへの「休業補償はできない」という政府方針を逆手に取り、4月10日に東京都は独自に「協力金」を支払うことを表明。相手を「仮想敵」とすることで、それに負けない姿勢を強調し、自らのプレゼンスを向上させるという小池氏の得意パターンに持ち込んだのだ。

 こうした小池氏の「パフォーマンス」に対して、与党・自民党内からは怨嗟の声が上がっているという。

「ある自民党の古参議員は小池知事に対して『ヘドが出るほど不愉快だ』と吐き捨てていました。都政を混乱、迷走させた築地移転、豊洲問題とまったく同じ手法であり、自分の事しか考えていない、というわけです。小池知事は二階俊博幹事長とは相変わらず昵懇ですが、安倍晋三首相や菅義偉官房長官など官邸幹部からは毛嫌いされています。二階氏にしても、旧新進党、旧保守党だった縁で親しいだけであり、他の自民党の重鎮議員は小池知事を評価している人は皆無と言っていい。緊急事態宣言後も、他の自治体との足並みをそろえることをしない小池知事は、政府にとってはトラブルメーカでしかないと思われています」(全国紙政治部記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク