女性用風俗「東京秘密基地」がセックス情報商材を販売!「セフレを量産」「イカせまくり」にユーザーもドン引き

女性用風俗「東京秘密基地」がセックス情報商材を販売!「セフレを量産」「イカせまくり」にユーザーもドン引き
       
写真はイメージ(Getty Imagesより)

 近年、「女性用風俗(女性向け風俗と呼ばれることも)」、つまり女性客が男性キャストから性的サービスを受けるビジネスが、急増している。過去には、「女性向け風俗」を謳いつつも、実情は男性をターゲットにした「入会金詐欺」も横行していたが、現在は全国展開している大手チェーン店舗も登場するほどだ。

 荒川和久氏による独身生活者の研究を行う「ソロもんラボ」の、2020年の性風俗店の利用経験率調査(一都三県・20代~50代)によると、分母は不明だが、一番利用率の高い20代既婚女性で10%近くに上る。筆者の周囲でも、本人は利用したことがなくても「友人や職場の同僚が……」という話は耳にすることが増えたので、この統計に近いという実感はある。

 他にも、石田衣良による原作小説を映画化した『娼年』(18年)や、渡辺ペコのマンガ『1122』(講談社)など、メジャーな作品にも登場するようになり、世間的な認知度は高まっている。

 目下、新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けている風俗業界だが、当然「女性用風俗」も例外ではなく、営業自粛を余儀なくされている店舗や利用を控える客も少なくない。

 そんな中、コロナ禍とは関係ないところで、業界に激震が走る事件が起きたのだ。「女性用風俗」の大手である「東京秘密基地」が発表した、男性向け情報商材の内容が「あまりにもひどい」と話題になっている。

女性用風俗「東京秘密基地」がセックス情報商材を販売!「セフレを量産」「イカせまくり」にユーザーもドン引き
「東京秘密基地」オンライン講座のページ

「超人気AV女優を潮吹きさせた究極のセックス奥義ファンマ」、「セフレを量産しながら大金を稼ぐことができる」「パパ活だの港区女子だのほざいてる若い娘も抱けます」「童貞でもすぐに女性をイカセまくり、潮まで吹かせられてしまうファンマ」などなど、書いてるこっちの知能指数までダダ下がりしていきそうなフレーズが並んでいる。

 ちなみに「ファンマ」というのは、「ファンタジーマッサージ」の略で、東京秘密基地は自社の性感マッサージをそう呼んでいる。なお、筆者は秘密基地も他店も利用した経験があるが、具体的なテクニックに関して、とくに他店と差異はないことを付け加えておきたい。

女性用風俗「東京秘密基地」がセックス情報商材を販売!「セフレを量産」「イカせまくり」にユーザーもドン引き

 最後まで目を通すだけで1日が終わりそうなくらい、冗長なランディングページだが(途中でなぜか「創業者の母」からの手書きの手紙も登場してきて、不覚にも笑ってしまった)、要は「大手女性用風俗店のテクニックで女性を意のままにできる」という、よくある男性向け商材だ。なお価格は「77万円のところを11万円」(税込)といかにもな価格表示で煽っており、加えて問い合わせ先がGmailというのも、胡散くささに拍車を掛けている。

「元ホストが教える極秘テク」や「風俗嬢を夢中にさせる方法」など、ナイトワークを題材にしたセックス情報商材は、古くから多々存在するが、大手女性用風俗店がここまで大々的にやったケースは、さすがに筆者も記憶にない。

 案の定、女性客のSNSでは、「さすがにドン引き」、「これまで秘密基地に金落としてきたのを後悔するレベル」、「金のために女性をバカにしたデタラメばかり書く店なんだ」、「男性もバカにしているし、セラピストが可愛そう」、「まさか風俗の運営までが推しを人質にとってくるとは」などなど、反発の声が上がっている。

 また、このランディングページには「過去のセラピストもみんな同様の講習を受講している」とあるが、筆者も何度か秘密基地を利用し、セラピストを何人か指名した経験がある。その時に興味本位から、技術についての質問をしたときは「講習は小一時間もない」「接客手順は教えてもらったが、その他は独学」という者が大半だった。全員がつかなくていい嘘をついている可能性は考えにくい。

 そんな背景があるためか、SNS上でも「運営と自分の意志は別」「お客様に不安を与えて申し訳ない」など、不信感や違和感を表明する所属セラピストも散見された。

女性用風俗「東京秘密基地」がセックス情報商材を販売!「セフレを量産」「イカせまくり」にユーザーもドン引き

 加えて、このランディングページのテキスト自体、別のセックス情報商材剽窃疑惑もあり、とにかくツッコミどころ満載というか、ツッコミどころしかないのだが、多くの女性客やセラピストたちが難色を示しているのは、文面のアホらしさや商材のずさんさよりは、女性の人格を尊重せずに、「テクニックで意のままにできる」という、女性を単なる「モノ」として見ている内容である点だ。中でも、商材のサンプル動画で運営自らが「女性は本能的に性奴隷になりたがっている」と語るスクリーンショット画像も匿名掲示板やSNSで拡散されており、大きな批判を浴びている。

 さらに、この商材を購入することで、店舗セラピストへの登用も示唆されており、「こんな商材で学んだセラピストに接客されたくない」と、抵抗感を示す女性客も少なくはない。こうした老舗の「乱心」によって、業界の勢力図が変わる可能性すら出てきている。

 風俗を利用する女性たちは、「夫に性的対象と見られてない」「男性に免疫がない」といったコンプレックスから利用する者や、「お金を払った男性なら“痛いこと”をされない」という安心感を求めていたり、利用動機は(男性同様)さまざまだが、根底には「傷つくことなく、身体を預けたい(性欲を満たしたい)」という想いがあるのだと筆者は考える。それを踏みにじるようなアプローチは、反発を呼んで当然だ。

 この数年、女性用風俗が広がったのは、若年男性の収入減といった労働問題や、男性向けメイクや整形のカジュアル化による小綺麗なイケメンの増加などの文化的な側面といった、さまざまな要因が考えられるが、中でも「女性のニーズに寄り添った性的サービス」を確立させたことは大きい。東京秘密基地はそのようなイメージ作りに、大きく寄与してきた店舗であることは間違いない。それだけに今回の情報商材は、これまで積み上げてきた業界イメージを自ら台無しにしてしまうものではないだろうか。

 女性用風俗業界を追ったルポ『女性専用 快感と癒やしを「風俗」で買う女たち』(徳間書店)で、「東京秘密基地」のオーナー(本書では名前を出していないため、創業者と同一人物かは不明)は、「心をイカせる」が店のコンセプトだと語っていた。そのコンセプト、この商材のスタンスは全く正反対である。

「しょせん風俗、二枚舌は当たり前」と見る向きもあるが、女性用風俗は、女性が安心して利用できるものであってほしいと、いち利用客として切実に思うのだ。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「女性用風俗「東京秘密基地」がセックス情報商材を販売!「セフレを量産」「イカせまくり」にユーザーもドン引き」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    東京秘密基地をyoutuberで知って、口コミとか調べて興味があったけどこの炎上は本当にひどいと思う

    4
  • 講座受けてみたばか 通報

    クーリングオフ可能ってかいてあったから講座受けてみた。 普通のセックステクを11万で売っているだけ。 サポートセンターにクーリングオフの問い合わせしてもシカト。笑 泣き寝入りかな。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。