「ニューノーマル」化する飲食業界関係者のホンネ…出遅れた業者はデジタル化煽る商材に注意

「ニューノーマル」化する飲食業界関係者のホンネ…出遅れた業者はデジタル化煽る商材に注意
       
イメージ画像/出典:Luke,Ma

 新型コロナウイルスの影響が如実に現れている業界のひとつに、飲食産業がある。筆者自身若かりし頃、飲食業界でアルバイト先に加え寝食まで世話になった身。ニュースなどを通じて伝え聞くその現状がとても心苦しくある。

 一方で、最近では「ニューノーマル」という言葉が流行し始めている。新型コロナウイルスの影響で始まる「新しい日常・状態」という意味だ。とても曖昧模糊としていて、個人的にはあまり中身のない空虚な言葉だと思うが、ひとつだけ的を射ていると思える定義がある。

 それは“「物理的空間の制約」を受ける日常・状態”が、すなわちニューノーマルであるというものだ。もう少し嚙み砕くと、「これまで使えたはずの空間が使えず、人と人の距離を保つ必要があり、移動も制限されること」が、我々の一般的な暮らし方(=ノーマル)になるという意味だろう。飲食店の現状に即して言えば、店舗に人が来づらくなる、来たとしても同じスペースに入れる客数は制限されるほか、海外や地方などから集客が難しくなるといった日常がニューノーマルといったところだ。

 そして、そんなニューノーマルに対する飲食業の対抗策として盛んに叫ばれているのが、オンラインサービスの利活用(=デジタルトランスフォーメーション、DX)、そしてウーバーイーツなどITサービスの駆使だ。

 ただこのような安易な“デジタル万能論”に根差した問題解決策に対して、苦々しく思う飲食業界関係者も少なくないようだ。コロナ禍にいち早く対応し、配達や弁当サービスで多くの注文を受けつけているA氏は言う。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。