幻冬舎・箕輪厚介氏、セクハラ報道“完全無視”も破廉恥スキャンダルを「かすり傷」で通せるのか?

幻冬舎・箕輪厚介氏、セクハラ報道“完全無視”も破廉恥スキャンダルを「かすり傷」で通せるのか?
「死ぬこと以外かすり傷」(マガジンハウス)

「文春オンライン」で女性ライターのA子さんへのセクハラや原稿料の未払いなどが報じられた幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏。陰湿なしつこさを見せ目下、SNSなどで厳しい批判の声があがっている。

 この渦中にありながら19日、何事もなかったかのように『スッキリ』(日本テレビ系)にリモート出演。報道については一切触れずにのうのうと、「夫・家族に悩む主婦」の電話相談に回答していたことで、さらに火に油を注いでいるものの、本人はツイッターなどSNSも含めてだんまりを決め込んでいる。どうやら本人はこのまま何事もなかったかのように済ますようだ。

「箕輪さんを知る人ならさして驚きもしないでしょうが、一応『文春』の報道が出る直前、仕事関係者や知人にスキャンダルが出ることを報告していました。その上で、『戦ってもひとつも得することがない』と、本件に関しては徹底的に無視する作戦のようです。既婚者によるセクハラであることは間違いないのですが、”行為には及んでいないから逃げ切れる”ということなんでしょうか。幻冬舎からも、懲戒などは出ずに平常運転のようですね」(出版社社員)

 とはいえ、A子さんが公開した生々しいやり取りには、いくら断っても執拗に食い下がり、ついには自宅に上がりこむ様子が伺える。さらに「なにもしない」と言ったにもかかわらず、「『触っていいですか?』『キスしませんか?』とくっついてきて、いくら拒もうと強引に体を触ってきた」という恐怖の証言もあり、彼が考えているほどには自体は軽くないはずだが……。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。