大河ドラマ『麒麟がくる』に明智光秀の子孫が不満を吐露! やっぱり主人公が地味すぎる?

大河ドラマ『麒麟がくる』に明智光秀の子孫が不満を吐露! やっぱり主人公が地味すぎる?
麒麟がくる』公式ホームページより

 明智光秀を主人公にしたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が好評だが、光秀の子孫にあたる人物がこのドラマについて言及し、ちょっとした話題になっている。

 5月23日放送のバラエティ番組サンドウィッチマン芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日)に登場したのは、光秀の娘・細川ガラシャの子孫であるジャーナリストの細川珠生氏と、15歳の息子・片平凌悟くんだ。

 主君・織田信長を本能寺の変によって滅ぼした明智光秀には、どうしても「裏切り者」のイメージがつきまとうが、凌悟くんはこの悪いイメージを覆したいと熱弁。光秀の「ちょっといいエピソード」をプレゼンすると、番組MCのサンドウィッチマンや芦田愛菜も大ウケだった。

 そんな中、現在放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』について言及する場面があった。

 歴代の大河ドラマで織田信長を演じてきた俳優を振り返ると、江口洋介豊川悦司反町隆史といった二枚目俳優が多い一方で、明智光秀を演じてきたのは、春風亭小朝、岩下尚史、マイケル富岡といった、少々クセのある役者たちばかり。これに対し珠生氏は「光秀は個性派の方が演じて、ストーリーも良くは描かれない」「全てが納得いかない!」とバッサリ斬り捨て、笑いを誘った。しかし、今回の大河ドラマでは長谷川博己が光秀役に大抜擢。これには珠生氏と凌悟くんも「かっこいい!」「ようやく我が家の時代が来た!」と大納得だったそうだ。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大河ドラマ + いだてん」のおすすめ記事

「大河ドラマ + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

「大河ドラマ + 西郷どん」のおすすめ記事

「大河ドラマ + 西郷どん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「TVドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「TVドラマ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大河ドラマ いだてん
  2. 大河ドラマ 西郷どん

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。