数字がどん底!? フジテレビがコロナ禍で一人負け、テラハ騒動で歩む長い贖罪の道

数字がどん底!? フジテレビがコロナ禍で一人負け、テラハ騒動で歩む長い贖罪の道
       
フジテレビ

 新型コロナウイルス騒動により多くの業界が深刻なダメージを受ける中、“プチバブル”に浮かれているのがテレビ業界。巣ごもり生活で番組視聴率は軒並みアップしているが、まったく蚊帳の外になってしまったのがフジテレビだ。

 どれだけ酷い状況なのかは数字を見れば一目瞭然。エンタメ情報誌編集者が言う。

「ステイホームでテレビの視聴者は3割から5割増えたと見られています。これにより、『ポツンと一軒家』が20%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)超えを連発し、人気番組はどれも10%台後半をマークしていますが、3月以降にフジテレビの番組が週間高視聴率ランキングのTOP10に入ったのはたった1度、志村けんさんの追悼番組だけです。

 好調と言えるのは情報番組の『Mr.サンデー』と、無観客で視聴率が一気に上がった競馬中継ぐらい。ニュース番組はどこの局も数字が大幅にアップしていますが、加藤綾子の夕方の帯番組『Live News it!』は全く数字が上がっていません。恐らくフジテレビの番組で、最近一番話題になったのは、『古畑任三郎』の再放送でしょう。数字的にはどん底が続いています」(エンタメ情報誌記者)

 ただ、数字が振るわないのはある意味、時の運。それだけなら同情に値するが、その間には不祥事も相次いだ。民放の番組制作スタッフが言う。

「『バイキング』は3月の人混みの映像を5月のものと放送し、訂正と謝罪に追われましたし、『99人の壁』はヤラセ演出があったとしてBPO行きになりました。きわめつきが、『テラスハウス』の出演者が急逝したことです。フジテレビはヒット企画に未練があるのか、歯切れの悪いコメントを繰り返していますが、亡くなった人が出てしまえば、完全に打ち切るのが当たり前。台本無しを謳っていたものの、演出があったのは明白で、BPO審議入りは免れません」(番組制作スタッフ)


当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「視聴率」に関する記事

「視聴率」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「視聴率」の記事

次に読みたい「視聴率」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。