政府による大学改革の弊害か!? 日本の新型コロナウイルス研究論文数が低迷する理由

政府による大学改革の弊害か!? 日本の新型コロナウイルス研究論文数が低迷する理由
イメージ画像/出典:acworks

 新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大する中で、各国の大学や研究機関が新型コロナウイルスに関する研究論文を発表している。しかし、日本の論文発表数は世界で8位~17位と低迷している。

 文部科学省の科学技術・学術政策研究所は4月21日時点のWHO(世界保健機関)公開している論文データとバイオアーカイブなど査読前の論文を一般公開するプレプリントサーバーデータで新型コロナウイルスに関する論文数を調査した。

 その結果、第1著者の所属先で見た論文発表の国と地域はWHOデータ(データ収集時点: 4月22日)で8307 件、国・地域の推定が行えた有効データ数は4666件だった。論文数では、1位が中国で1158件、2位が米国で1019件、3位がイタリアで375件、4位が英国で312件、5位がフランスで182件、日本は56件で17位となっている。

 また、プレプリントサーバーデータでは論文数1933件、国・地域の推定が行えた有効データ数は1581件。論文本数では、1位が中国で545件、2位が米国で411件、3位が英国で95件、4位がイタリアで48件、5位がドイツで45件、日本は8位の31件だった。

 WHOデータでも、プレプリントサーバーデータでも、論文数の1位は中国、2位は米国となっており、この2国が突出している。この構図は、新型コロナウイルスの発生源を巡って、WHOを舞台に対立する米中の姿に重なるものがある。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。