中国・アメリカの足元にも及ばない日本のコロナ予算、第2次補正予算で見えた安倍政権の本気度

中国・アメリカの足元にも及ばない日本のコロナ予算、第2次補正予算で見えた安倍政権の本気度
拡大する(全1枚)
イメージ画像/出典:Hamatti

 政府は5月25日に緊急事態宣言を全面的に解除、経済活動は徐々に再開されている。しかしながら、福岡県北九州市では新型コロナウイルスの第2波と見られる感染拡大が起こり、東京都でも1日の感染者数が30人以上となる日も出ている。感染拡大の第2波と経済活動を両立させていくためには、ワクチン・治療薬の研究開発や医療体制の拡充が急務。しかしながら、第1次補正予算と第2次補正予算での医療対策費は必ずしも十分とは言えない。

 第2次補正予算の新型コロナウイルス感染症対策関係経費は31兆8171億円だが、このうち医療提供体制等の強化は2兆9892億円(9.4%)程度。もちろん第1次補正予算の同経費が25兆5655億円で、このうち感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発に充てられたのは1兆8097億円(7.0%)だったことを考えれば、政府は医療体制の強化に力を入れたことになる。

 だが、それでも予算のわずか9.4%に過ぎない。

 第1次と第2次の補正予算では、医療関係経費の計上項目が同じではないため、より詳細に見ていくと、第1次補正予算の財務省による内訳では「感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発」の主な施策は以下のようになっている。

・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(1490億円)

 使途=PCR検査機器整備、病床・軽症者等受入れ施設の確保、人工呼吸器等の医療設備整備、応援医師の派遣への支援等


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク