藤井聡太七段にあの名門大学が熱視線!? 棋士に学歴はいらない…中卒が当たり前だった将棋界

藤井聡太七段にあの名門大学が熱視線!? 棋士に学歴はいらない…中卒が当たり前だった将棋界
拡大する(全1枚)
日本将棋連盟公式サイトより

 大学進学率が5割を超え、「大卒」が当たり前になる中、すでに手に職がある人間は大学に行く必要はあるのか? 14歳でプロ入りした将棋の藤井聡太七段は今、高校3年生。現在、初のタイトル戦に挑戦中で、とても勉強どころではない状況だが、「ぜひとも我が校へ」と有名大学が手ぐすねを引いて待っている。

 これまで「史上最年少棋士」「最多連勝」「3年連続勝率8割以上」など、数々の記録を打ち立ててきた藤井七段。記念すべき初タイトル戦第1局でも勝利し、タイトル獲得に向けて弾みをつけたが、将棋盤から一歩離れれば17歳の少年だ。世の高校3年生は進路に頭を悩ませる時期だが、将棋界の学歴事情について、将棋に詳しいフリーライターはいう。

「昭和の将棋の棋士たちは中卒が当たり前。将棋界では『棋士に学歴はいらない』が定説で、高校に行く者は『自分の才能に自信が無い』『将棋から逃げている』と言われる世界でした。しかし近年では最低でも高校に進むのがスタンダードで、大卒の棋士もザラ。元・竜王の糸谷哲郎八段は大阪大学の大学院を出ていますし、今年4月には東京大学大学院に通うプロ棋士も誕生しています」(フリーライター)

 プロ棋士で国立大学卒とは、まさに「天は二物を……」を地で行く話だが、藤井七段は昨年12月のインタビューで、「現段階では大学進学は考えていません」と語っている。それでも大学進学の噂がチラつくのには理由がある。週刊誌の囲碁・将棋担当記者がいう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク