【ジャニー喜多川一周忌】アメリカへの歪な憧憬と平和の願い──戦後史として読むジャニーズの歩み

【ジャニー喜多川一周忌】アメリカへの歪な憧憬と平和の願い──戦後史として読むジャニーズの歩み
       

──2019年7月、日本のエンターテインメントの礎を築いた稀代のプロデューサー・ジャニー喜多川が死去した。彼が体験した戦争、そして戦後の日本芸能界で作り上げた“アイドル”という文化、さらに舞台演出に込めた平和への思いを紐解く。

【ジャニー喜多川一周忌】アメリカへの歪な憧憬と平和の願い─...の画像はこちら >>
1年前の7月、多くのメディアがジャニー喜多川の訃報を伝えた(Getty Imagesより)

 巨星墜つ。2019年7月9日、日本を代表する芸能プロダクション・ジャニーズ事務所創設者のジャニー喜多川氏がくも膜下出血で逝去した。多くのメディアがその訃報と共に、ジャニー氏の「平和への願い」を書き記していたが、いったい彼はどのように「平和」を訴えてきたのか、その数奇な半生と共に振り返りたい。

CIAのスパイ説も囁かれた、ジャニー喜多川のアメリカ時代

 ジャニー喜多川氏は、アメリカ・ロサンゼルスで生まれた日系2世。布教のためにアメリカへ移住した真言宗米国別院の僧侶・喜多川諦道の次男として、1931年に誕生し、2年後の33年には一家で日本へと移住している。

「45年にジャニーさんは、和歌山大空襲に遭遇しています。この経験は彼の人生にとても大きな影響を与えました。当時の体験談を『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』(NHKラジオ第一/2015年1月1日放送)で語っているのですが、多くの死体が転がる中を逃げ惑いながら“アメリカで生まれた僕がなぜアメリカ軍に攻撃されているのだ”と思ったと言います。彼は、アメリカと日本の狭間に複雑なアイデンティティを持っていた。それを決定付けたのがそのときの空襲体験なのです」


あわせて読みたい

ジャニー喜多川のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【ジャニー喜多川一周忌】アメリカへの歪な憧憬と平和の願い──戦後史として読むジャニーズの歩み」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    ジャニーがいたから、アイドルに魅力あった・・・彼が死去してからメリーの好き放題で一転したのは、やっぱりバーニングプロのスパイ・周防郁雄と絡んだので。こんなの本当のジャニーズじゃない!

    0
この記事にコメントする

「ジャニー喜多川 + 東京五輪」のおすすめ記事

「ジャニー喜多川 + 東京五輪」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャニー喜多川 + 後継者」のおすすめ記事

「ジャニー喜多川 + 後継者」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャニー喜多川 + 結婚」のおすすめ記事

「ジャニー喜多川 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ジャニー喜多川 後継者
  2. ジャニー喜多川 東京五輪
  3. ジャニー喜多川 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。