【ジャニー喜多川一周忌】アメリカへの歪な憧憬と平和の願い──戦後史として読むジャニーズの歩み

       

「アメリカのショービジネスは、ステージでのパフォーマンスの対価に金をもらうというシンプルなものでした。オーディエンスはアーティストを観に行くのであって、欧米では事務所がコンセプトを考えて、衣装を決めて、メディア露出の世話をするなんてことはあり得ない。ステージごとにオーディションをして主体性のあるアーティストをそろえるという方法もあったはずなのに、なぜ少年たちを集めたのか疑問です」(橋爪氏)

 ジャニー氏はアメリカショービジネスのオーディエンス、つまり観たことがあったというだけで、その本質の体現者ではないと、橋爪氏は指摘する。確かに日本の芸能界が欧米のような成熟したアーティストではなく、未成熟なアイドルを求めるようになっていったことには、ジャニー氏の影響も大きいだろう。ではいったい、ジャニー氏にとって少年とはなんだったのだろうか?

「ジャニー喜多川の表現活動にとって最も大切な要素こそが“少年”なんです。今年、映画化された『少年たち』は、抑圧された牢獄のような世界から逃れ、自由になるため少年たちが戦う物語で、そこには希望が表現されています。ジャニーさんにとって“少年”とは、アメリカをお手本としながら戦後の日本人が獲得した個人の自由を象徴する存在であり、それはアメリカから民主主義を授けられた戦後の日本人を示しているとも考えられます」(太田氏)

 日本人でもありアメリカ人でもあったジャニー氏は、戦争に翻弄され少年時代の多くの時間を傷ついて過ごした。戦後民主主義という希望を“少年”に仮託することは、自分自身の原体験を救済するためでもあったのかもしれない。


当時の記事を読む

ジャニー喜多川のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【ジャニー喜多川一周忌】アメリカへの歪な憧憬と平和の願い──戦後史として読むジャニーズの歩み」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    ジャニーがいたから、アイドルに魅力あった・・・彼が死去してからメリーの好き放題で一転したのは、やっぱりバーニングプロのスパイ・周防郁雄と絡んだので。こんなの本当のジャニーズじゃない!

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「ジャニー喜多川」に関する記事

「ジャニー喜多川」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニー喜多川」の記事

次に読みたい「ジャニー喜多川」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ジャニー喜多川 後継者
  2. ジャニー喜多川 東京五輪
  3. ジャニー喜多川 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。