マックス松浦怒涛の成金アピール コストカットにあえぐエイベックス社員から怨嗟の声

マックス松浦怒涛の成金アピール コストカットにあえぐエイベックス社員から怨嗟の声
拡大する(全1枚)
松浦氏インスタグラムより。

 今年6月にエイベックス株式会社(以下、エイベックス)のCEOを退任してクリエイティブに”専念”することを宣言した松浦勝人氏。

 退任の前後に自身の自伝本をめぐり、薬物使用疑惑や編集を担当したとされる箕輪厚介氏のセクハラ炎上などが起こったことも記憶に新しいが、今やどこ吹く風。松浦氏のインスタグラムアカウントには趣味の釣りや購入した自慢のアイテム、さらに”芸術的だ”と褒め称える東京タワーの画像で溢れかえっている。

 しかし、昨今のコロナ禍でエンタメ業界は収入の柱となっていたライブ事業ができずに大打撃を受けており、エイベックスもご多分に漏れず苦しい状態だ。8月6日に開示されたエイベックスの”2021年3月期 第1四半期決算短信”を見てみると第1四半期の売上高は前年比−51.4%、営業利益は約10億5400万円の赤字となっている。

 さらに「連結業績予想につきましては、新型コロナウイルス感染症による影響を現段階において合理的に算定することが困難であることから未定」とも発表。エイベックスは6月中に三井住友銀行などから追加融資を確保して、この難局を乗り越えようとしているそうだ。

「社内では経費削減が徹底され始め、タクシー代などは当然カット。さすがに今年は、ボーナスもでなそうと社内で噂になっています。それ以外のいたるところでも経費の削減があって、マネジメントしているタレントたちからも強い不満の声が上がっています。やめたくても契約書がかなり厳しいので抜けられず、社員・タレントともに悲鳴をあげている状態です」(週刊誌記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク