“二代目 少年隊”継承プランが浮上!? 早くも滝沢秀明プロデューサーの“迷”采配を不安視する声

“二代目 少年隊”継承プランが浮上!? 早くも滝沢秀明プロデューサーの“迷”采配を不安視する声
       
公式サイトより

 9月20日、少年隊錦織一清植草克秀の年内退所が発表された。2人は東山紀之と共に3人グループとして1985年『仮面舞踏会』でレコードデビュー。以降、ヒット曲を連発する傍ら、舞台にも力を入れ、現在のジャニーズの基盤を作った功労者でもある。

「ジャニーズがテレビに本腰を入れるようになったのは、実はSMAPのヒットから。それまでは、特に生のコンサートや舞台に力を入れていたし、ジャニー喜多川さんは最後まで“ショービズ”を重視していました。そのため、ジャニーズは今でも舞台にこだわっていますが、その礎にもなっているのが少年隊が長らく上演していた『PLAYZONE』という舞台シリーズです。現在のジャニーズでは、堂本光一の『Endless SHOCK』や、King & Princeの『ジャニーズ・アイランド』といった舞台シリーズが続いていますが、そこで披露される演目の多くが『PLAYZONE』を元ネタにしていたりします」(ウェブメディア・ジャニーズ担当記者)

 錦織と植草が退所後も、事務所に「少年隊」というグループ名を残すことがすでに発表されているが、少年隊が作り上げた舞台でのアイデア、さらにはその楽曲たちもジャニーズの後輩たちに継承されていくことになりそうだ。

 一方で、この「グループ名存続」に対して仰天プランを囁く声が聞こえてくる。レコード会社関係者の話。

「将来“二代目 少年隊”が生まれるんじゃないかという、トンデモ話があるとか(笑)。しかし、これもあながち笑い話じゃないかも。というのも、ジャニーズにはすでに“グループ名の使い回し”の例があるんです。85年に忍者というグループがデビューしてるんですが、今現在ジャニーズJr.に“少年忍者”という名前のグループが存在する。しかも、この“少年忍者”という名称も、元はと言えば85年にデビューした忍者がバックダンサー時代に使っていた名前。なので、現在の少年忍者もデビューする際には“忍者”に改名するのではないかとも言われています」


当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「少年隊」に関する記事

「少年隊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「少年隊」の記事

次に読みたい「少年隊」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 少年隊 メンバー
  2. 少年隊 解散

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。