竹内結子さん報道の是非、KinKi Kidsも独立か? キンプリ岸“イジメ”動画…週末芸能ニュース雑話

竹内結子さん報道の是非、KinKi Kidsも独立か? キンプリ岸“イジメ”動画…週末芸能ニュース雑話
       
Getty Images

記者I 今週も悲しい出来事が起こってしまいましたね。9月27日、女優の竹内結子さんが自宅で亡くなられているのが発見され、その後に死亡が確認(参照記事)。昨今の事例から報道各社は記事と共に「よりそいホットライン」などの紹介とURLリンクを掲載するなど、自死報道へのガイドラインに沿った対応を見せていますが、そもそも自死であったかどうかを報じるべきかという問題も各所で提議されています(参照記事)。

デスクH 厚労省は9月だけで3回も「著名人の自殺に関する報道にあたってのお願い」を出しているからね。いわゆる“ウェルテル効果”を防ぐためにWHOの手引き通りにしても、メディアによっては一発目から「自殺の疑い」を記事タイトルに入れているところもあったわけだから、形骸化とまではいかないまでも果たして意味はあったのかという感じは否めない。ネットのユーザーは記事の中まで覗かないことも多いしね。

記者I 自社も含めてですがメディア全体の方向性として自死については「触れないのは不自然、触れてもサラリと」な傾向は感じますね。ワイドショーはどれもねちっこく掘り下げていたみたいですが……。ちなみにタレントの自死が相次いだ韓国でも当然WHOのガイドラインは周知されているわけで、自死と言わず「究極の選択」「極端な選択」など言い換えて報じるようになりつつあるそうです。

デスクH 結局どう扱ってもセンセーショナルになっちゃうし、今回は元夫の中村獅童が叩かれたように周囲にも影響が出ちゃう。どれだけ悲壮なものがあってもメディアは否応なくそれを消費する。それだけでも、その「極端な選択」って言うのは良くないものだと思うけどね。


あわせて読みたい

竹内結子のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「竹内結子」に関する記事

「竹内結子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「竹内結子」の記事

次に読みたい「竹内結子」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月4日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 竹内結子 Instagram
  2. 竹内結子 ドラマ
  3. 竹内結子 中村獅童

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。