「政府は“最悪のシナリオ”の想定を怠っていた」報告書の衝撃 日本政府反省なきコロナ対策の裏側

「政府は“最悪のシナリオ”の想定を怠っていた」報告書の衝撃  日本政府反省なきコロナ対策の裏側
拡大する(全1枚)
(写真/「GettyImages」より)

 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブが10月8日、「新型コロナ対応・民間臨時調査会」(コロナ民間臨調)の報告書を発表した。この報告書は様々なメディアで取り上げられたが、主な内容を紹介しよう。

 同報告書は、当時の安倍晋三首相、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働相、西村康稔新型コロナウイルス感染症対策担当相、萩生田光一文部科学相はじめ政府の責任者など83名を対象に延べ101 回のヒアリングとインタビューを実施してまとめられた。

 新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックの発生について同報告書では、「政府の想定外であり、“最悪のシナリオ”を含め、あらゆるパターンの想定を怠っていた」と指摘している。

 そして、当初、国立感染症研究所(NIID)や保健所が機能しなかったことについては、「実働部隊となる感染研や保健所は年々予算と人員を減らされていた。PCR 検査の検査能力は当初一日 300 人程度にとどまった。厚労省幹部は『喉元を過ぎると熱さを忘れてしまった』と反省の弁を述べた」としている。

 このNIIDの予算問題について筆者は2月12日の「国立感染症研究所の予算が大幅に削減されていた!? 予算配分でも新感染症を甘く見ていた安倍政権」(https://www.cyzo.com/2020/02/post_231326_entry.html)で「NIIDが安倍政権の合理化計画の推進により、人員減、予算減が行われていたことが明らかになった」と詳細を報じている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク