韓国警察に逮捕された読売新聞エース記者 社内報で明かしていた「不安定な精神」と会社の対応

韓国警察に逮捕された読売新聞エース記者 社内報で明かしていた「不安定な精神」と会社の対応
拡大する(全1枚)
写真はイメージです。(GettyImagesより)

 公称762万部と国内最大部数を誇る読売新聞で、またもや不祥事が発覚した。「週刊文春」(文藝春秋)10月22日号に「読売新聞エース記者が韓国で逮捕されていた」と題した記事が掲載されたのだ。

 今年の7月14日、読売新聞ソウル支局の記者(34)が韓国ソウル市内のマンションで泥酔し、駆けつけた警察官の顔面につばを吐き、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕され、在宅起訴されていたという。

 読売新聞は週刊文春がこの事件の事実確認をした10月12日まで、記者の不祥事を公表していなかった。翌朝の朝刊にシレっと<本誌記者を懲戒処分 韓国で公務執行妨害>というベタ記事を掲載したが、もし週刊文春の記事がなければ、不祥事を“隠蔽”していた可能性も否定できない。

 取材相手には厳しく、身内には甘いといわれる大手新聞社ゆえ、身内の記者の「不祥事隠し」を画策していたとしても何ら不思議ではないが、現役の読売新聞社員によると、今回はちょっと事情が異なるのではないか、と話す。

「記事にもありましたが、ウチは比較的、記者の不祥事には厳しいほうなんです。わいせつ系の事案ならきちんと自社で記事にして、懲戒解雇処分にしています。今回は公務執行妨害だけだったので公表しなかったとしていますが、どうやら記者の精神状態がかなり良くないことが、原因だったのではないかとささやかれています」

 事件を起こしたのは、08年に入社したO記者。早稲田大学国際教養学部を卒業して、英語や韓国語など語学も堪能だったという。読売新聞関係者によると、見た目も細面のイケメンで野心家ではあるが、粗暴な感じではないという。最初の赴任地は青森支局で5年ほど警察、県庁の担当などをして、13年に政治部に異動。自民党の二階俊博総務会長(当時)の番記者や防衛省担当などを務めていたという。本人の希望もあって、17年9月に国際部に異動となり、同月下旬からソウル支局で勤務していたという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク