宮根誠司、伊藤健太郎逮捕で事務所の違約金問題で、疑問だらけの見解を延々放送

宮根誠司、伊藤健太郎逮捕で事務所の違約金問題で、疑問だらけの見解を延々放送
       
宮根誠司

 ワイドショーは30日朝からどこも一気に伊藤健太郎ひき逃げ容疑事故報道一色に染まったが、こうした同じ事案を扱うとき、その扱い方で番組のカラーが出るもので、その中で『ミヤネ屋』(日テレ)は思い切り芸能寄り。ゲスくて昭和な空気がにおっていた。

 まずはどの番組も同じだが、事故直後の映像を放送し、どのようにして事故が起きたか?を語り、「なぜ逃げたか?」を勝手に想像し、逃げたことによる刑罰の行方などをサラリと伝える。そうそう、どの番組にも「交通事故の専門家」なる人が登場し、現場に派遣され、事故に至る状況解説をしていたが、現場はさぞや専門家で密っていたことだろう。

 で、『ミヤネ屋』はそこからガラリ。「契約」や「違約金」の話になる。

 宮根誠司と向かい合って登場するのは、芸能レポーターの駒井千佳子さん。

 宮根が「飛ぶ鳥を落とす勢いとはまさにこの人のためにある」と言うと、駒井さんが、「年末に向けても今年の顔ということでいくつかの表彰式が予定され、まだ発表になってなかったのですが、大物芸能人とのCMもあったということです。そうなると、違約金も共演者のギャランティーも補償しなくてはならない。出演料だけではないです」と真面目な顔で、いかにもわけ知りなコメントをする。

 すると宮根も段取り通りだろう、「これ、どこがどう払うのかややこしいことになってるんですよね」と振り、「そうなんです」と、駒井さん。そこからは駒井さん劇場。いかにも、「これ、特ダネなんですよ!」という言い方で「伊藤さんは2014年に俳優デビューした当時は−−仮に事務所Aとさせていただきますが−−Aに所属していたんですが、そこから事務所Bに移籍して今年の顔というぐらいにブレイクし、ところがつい先月に事務所Aに戻っているんですよ」と言う。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。