YouTuberは“平場のトークに弱い”? 丸山礼『ANN0』パーソナリティー抜擢の不安要素 

YouTuberは“平場のトークに弱い”? 丸山礼『ANN0』パーソナリティー抜擢の不安要素 
       
ワタナベエンターテインメント公式サイトより

 ものまねタレントで人気YouTuberの丸山礼が、『オールナイトニッポン0(zero)』のパーソナリティーを務めると発表された。ものまねもさることながら、丸山の主戦場はYouTube。『丸山礼チャンネル』の登録者数は84万人を超え、動画の総再生回数は1億回にものぼっている。

「丸山はワタナベコメディスクールで首席をとり、16年にワタナベエンターテインメントに所属になりました。その時点ですでにYouTubeを初めており、“会社の先輩”や“韓国のYouTuber”など、ニッチなものまねを披露していました。その後、ASMRや大食いなどYouTubeのトレンドをいち早く取り入れた動画をあげ続け、登録者数を増やしていきました。なので“タレント”というより、“芸能事務所に所属するYouTuber”というほうが近い気がします」(バラエティ番組構成作家)

 YouTuberからテレビタレントに進出する例は近年増えており、ヒカキン水溜りボンド、フィッシャーズ、ヴァンゆんなどは現在バラエティ番組などでもよく見る面々だ。しかし、その評価はまちまちな様子。テレビ局関係者はこう語る。

「やっぱりYouTuberは平場でのトーク力がちょっと弱い。“芸人じゃないんだから”と言われればそれまでですが、例えば水溜りボンドはもともと芸人ですけど、喋りがイマイチ。彼らは、それこそ『ANN0』のレギュラーパーソナリティーですが、期待はずれだったという声は多い。別の曜日には霜降り明星やファーストサマーウイカ、Creepy Nutsなど“しゃべり”にめっぽう強い面々が並んでいるので、余計に水溜りボンドのつまらなさが際立ってしまっています。フィッシャーズやヒカキンも、テレビで見ると語彙力の乏しさが目につきます。正直、タレントとして残りそうなのは、かわいくて喋りも達者なヴァンゆんのゆんさんくらいかなと思う」(テレビ局関係者)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。