SixTONESに盗作疑惑が浮上か SKY-HI「アイドルが俺のリリックパクってる」発言で犯人探し過熱

SixTONESに盗作疑惑が浮上か SKY-HI「アイドルが俺のリリックパクってる」発言で犯人探し過熱
       
SixTONES公式サイトより

 ダンスボーカルグループ・AAAのメンバーでもあり、ソロのヒップホップアーティストとしても活動しているSKY-HI(日高光啓)の発言が波紋を呼んでいる。

 SKY-HIは26日、自身のツイッターで「アイドルの子が俺のリリックパクってライブしてるのは見た事あるけど、普通に連絡くれりゃいいのにな、とは思う。無断でやらんでも笑。」とコメント。

 これをきっかけにネット上では「パクった」とされる“犯人探し”が過熱。ファンの動揺を察したのか、SKY-HIは「連絡欲しかったなぁ、ってくらいだし、思う所ゼロじゃないだけで全く怒ってはないし聴いてくれてるって嬉しさもあるんで」(本文ママ)とフォローしたが、ファンの間ではもうすでにその“アイドルの子”はほぼ特定されているという。

「SixTONESの田中樹に疑惑の目が向けられています。田中樹は元KAT-TUN田中聖の弟で、今年CDデビューを果たしました。兄と同じようにグループではラップを担当しており、リリックも自身で手がけているといいます。

 ネット上では、田中が2年前のジャニーズJr.時代に『Summer Paradise 2018』というライブで披露したラップの一部が、2016年にSKY-HIがKEN THE 390にフィーチャリングした『Turn Up』という曲のリリックとまったく同じだったと指摘されています」(芸能記者)

 ヒップホップには「サンプリング」というカルチャーがある。過去のアーティストの楽曲やリリックの一部を引用して、自身の作品に取り込むというものだ。しかし、そこにはもちろんルールが存在する。音楽ライターはこう語る。

「田中の映像とSKY-HIの曲の両方を確認しましたが、確かにリリックの一部が一緒ですね。ただ、SKY-HIが誰にパクられたと明言していない以上は、憶測の域は出ないということを前置きさせてください。

 もしも仮に田中だったとするのならば、サンプリングのルールを心得ていなかったのかもしれない。ラッパーが気に入ったラッパーのバースを拝借することは結構あるけど、その場合は『事前の連絡と承諾』が必要なのは当然のことです。SKY-HIから苦言が出る時点で“サンプリング”としては成立していなかったということ。

 しかし、“オマージュ”なら話は別です。田中サイドが『オマージュでした』と説明すれば、まあギリギリ納得はできますね。オマージュは相手への敬意の念を払っている意味合いが高い。実際、田中は過去にSKY-HIに憧れていると発言していたそうですから、田中としてはオマージュだと思ってやったんじゃないですかね。

 まあ1小節だけだったら、こんだけ日本語ラップが量産されてるわけでかぶる可能性も否めないし。4小節まんまパクってたら、なんかしら指摘されても仕方ないですが」(音楽ライター)

 SKY-HIは「せめて連絡くれたら嬉しいしなんなら新しく書くわ 」とも発言しており、穏便に済まそうとしているようにも見えるが、すでに両者のファン同士はヒートアップ。「直接事務所に言えばいいのにSNSで言うな」と言うSixTONESファンや、「相手がジャニーズだからって遠慮するな」「これきっかけでコラボして」と野次馬的に煽る声もあがっている。

 ここまでの騒ぎになってしまった以上、田中サイドからもなんらかの説明が必要なのではないだろうか。果たしてサンプリングか、オマージュか。今後の双方の出方に注視したいところだ。

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。