R-1グランプリ「芸歴10年以内」の新ルールでレベルダウンは必至? ナベプロのキャラ芸人有利か

R-1グランプリ「芸歴10年以内」の新ルールでレベルダウンは必至? ナベプロのキャラ芸人有利か
       
『R-1グランプリ2021』(公式サイトより)

 ピン芸人日本一を決める『R-1グランプリ2021』の開催が発表された。今年から表記が『R-1ぐらんぷり』から、カタカナの『R-1グランプリ』に変更。さらに、これまでは芸歴に制限なくプロの芸人であれば誰でもエントリーできたが、今回から参加資格が「芸歴10年以内」に変更された。

「たしかに、毎回同じようなメンツが決勝に進出し、その芸人たちの年齢層もどんどん高くなってきて、フレッシュさに欠ける大会になっていたのは事実です。でも、芸歴10年以内という制限がかかると、本当に売れていない芸人ばかりになり、ネタのクオリティーが劇的に下がる可能性も高い。散々な大会になってしまうかもしれません」(芸能事務所関係者)

 ピン芸人だけでなく、コンビ芸人が1人で出場することも多いR-1。参加資格が芸歴10年以内となれば、当然ながらベテランコンビ芸人のチャンスも奪われる。

「コンビ歴15年以上でM-1グランプリに出られないベテラン芸人が、R-1に出てチャンスを狙うということも多かったのですが、今回のルール変更でそれもなくなるということ。もはや売れるきっかけもないと判断して、引退するコンビ芸人も増えるかもしれませんね」(同)

 そんななか、新ルールのR-1で力を発揮するのではないかと囁かれるのが、ワタナベエンターテインメント所属の芸人たちだ。ある構成作家はこう話す。

「ナベプロは、デビューしたての若手芸人にいろんなキャラをやらせて、売り出すのが得意なんです。“35億”のキャラでブレイクしたブルゾンちえみもそうだし、今YouTubeで人気の丸山礼も、デビュー直後はロバート秋山のものまね芸人としてメディアに露出していました。ナベプロは、必ずしもネタのクオリティーが高いわけではないけど、一発屋的なインパクトのあるピン芸人を作り出すのが上手いんです」


当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。