タッキー、今度は年齢制限での“クビ切り”宣言! パッとしない若手Jr.他事務所で開花か

タッキー、今度は年齢制限での“クビ切り”宣言! パッとしない若手Jr.他事務所で開花か
拡大する(全1枚)
写真/GettyImagesより

 ジャニーズ事務所は16日、ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入し、2023年3月31日から適用することを公式サイトで発表した。

 同サイトではジャニーズJr.制度をあらためて説明したうえで、「昨今においては、このような恵まれた環境であるがゆえに、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」と説明。

 年齢制限を設ける理由を「在籍したジャニーズJr.達の多様な未来を確保・尊重するため」とし、「満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします」とした。

「ジャニーズ事務所は独自の育成方針もあってか、CDデビューしていないJr.たちにもそれぞれファンが付くことでも知られている。ただ、実際そのことで満足してしまっているJr.が多いは否めない。それゆえ、芸能活動に対する意欲も低下してしまう。それでも基本的に問題を起こさなければクビになることはないのですが、今回の発表はジャニーズという看板に守り続けられる現状に終止符が打たれる時がついに来た、ということ。とはいえ、すでに売れている『Travis Japan』や『なにわ男子』などのグループの22歳以上のメンバーは、すでに契約続行に合意しているようだ」(スポーツ紙芸能デスク)


当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「タッキー、今度は年齢制限での“クビ切り”宣言! パッとしない若手Jr.他事務所で開花か」の みんなの反応 2
  • ニャニャー 通報

    ジャニーズ退所しても干されることが無くなったのは、ネットの普及。第一、時代の変化の影響。バーニングロスの可能性もあり。芸能界を私物化なら、尚更。工作員がいても、クビにされたら最後なので。

    0
  • ニャニャー 通報

    Jr.でも羊母娘のオキニが関ジャニ∞メンバーとの関わりなら、バーニングプロの傘の下と証明されてさらなる裏切りになるだろうし。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「ジャニーズ」に関する記事

「ジャニーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニーズ」の記事

次に読みたい「ジャニーズ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。