新型コロナ、ワクチン接種に続きイギリスで治療薬研究進む報道

新型コロナ、ワクチン接種に続きイギリスで治療薬研究進む報道
拡大する(全2枚)
※イメージ写真(GettyImagesより)

 新年早々、英国から新型コロナウイルス治療薬に関する朗報が相次いでいる。

 欧米ではすでにワクチンの接種が始まっているが、治療薬については、まだ確立されていない。それ以前に日本国内では、ワクチン接種も始まっておらず、治療薬も確立していないため、今後の動向が注目される。

 英国「デイリーメール」は1月4日、リバプール大学のウイルス専門学者アンドリュー・ヒル博士が臨床試験として、「イベルメクチン」が投与された患者573人中で8人、プラセボ(偽薬)が投与された患者510人中44人が死亡したことから、「イベルメクチンは患者の身体で新型コロナウイルスが除去されるのにかかる時間を大きく短縮させることがわかった」と発表したと報じた。

 イベルメクチンは、大村智氏が1970年代に静岡県で採取した土壌から発見した「放線菌」と呼ばれる、新種の細菌で開発した寄生虫感染症の治療薬。大村氏は2015年ノーベル医学生理学賞を受賞している。

 1月7日には、英国のボリス・ジョンソン首相が記者会見で、関節炎治療薬の「トシリズマブ」と「サリルマブ」が新型コロナウイルス感染症の治療にも有効だと発表した。

 ジョンソン首相は「イギリスの科学研究はより多くの新しい救命治療の創出に貢献しています。2つの治療薬が厳格な臨床試験に合格しました。トシリズマブとサリルマブの2つの治療薬が間もなく患者の皆さんに投与されます」と述べた。


この記事の画像

「新型コロナ、ワクチン接種に続きイギリスで治療薬研究進む報道」の画像1 「新型コロナ、ワクチン接種に続きイギリスで治療薬研究進む報道」の画像2

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。