国立・電気通信大「アクリルパネル」が飛沫感染の一因になるとの衝撃的研究結果 重要なのは遮蔽よりも換気
拡大する(全1枚)
写真/GettyImagesより

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために実施されているアクリルパネルやビニールシートが飛沫感染の一因となるという“衝撃的な”研究結果を国立の電気通信大を中心とした研究チームが5月28日に発表した(https://www.uec.ac.jp/news/announcement/2021/20210531_3411.html)。

 研究チームは、同大と産業医科大、宮城県結核予防会の研究者によるもので、実際にクラスターが発生した宮城県内の事務室を調査し、当時の換気状況を CO2 ガスにより測定し、さらに熱流体シミュレーションによってマイクロ飛沫の挙動を分析した。

 この研究結果は、情報をいち早く共有し広く意見を求めるため、医学分野のプレプリントサービス「medRxiv」に、速報原稿が投稿された。

 新型コロナの感染拡大を防止するために、人との「接触」と「飛沫」を避けることを目的に商店や飲食店など多くの業種で、会計カウンターや客席など様々な場所でアクリルパネルやビニールシートを利用している。

 研究チームは、宮城県内でマイクロ飛沫による空気感染が原因とみられるクラスターが発生した事務室で現地調査と分析を行った。この事務室では、飛沫感染対策の一環として、向かい合った机の列を隔てるように、床面からの高さ1.6メートルのビニールシートパーテーションが設置されていた。

 この遮蔽により空間が5つの区画に分断されており、実験により区画によっては換気回数が毎時0.1 回程度と非常に低くなっていたことがわかった。これらのうち2区画で小規模なクラスターが発生していたことから、パーテーションによって気流が遮られた結果として換気能力が低下し、区画内でマイクロ飛沫による空気感染が発生した可能性が示唆された。