大宮セブンの実力者「囲碁将棋」って知ってる? 芸人にリスペクトされる漫才師がブレイク寸前!

大宮セブンの実力者「囲碁将棋」って知ってる? 芸人にリスペクトされる漫才師がブレイク寸前!
拡大する(全1枚)
囲碁将棋(吉本興業公式サイトより)

 お笑い界で独自の空気を醸し出しているのが、「大宮ラクーンよしもと劇場」を拠点に活動する「大宮セブン」だ。

「大宮セブン」には、マヂカルラブリー、すゑひろがりずといった人気者のほか、賞レースの決勝進出者を輩出し、お笑い界きっての実力波集団となっている。そして、大宮セブンメンバーの中で、満を持してのブレイクを果たしそうだと囁かれているのが、囲碁将棋だ。

 高校の同級生である文田大介(ボケ)と根建太一(ツッコミ)で、2004年に成された囲碁将棋。東京NCSの9期生で、ハリセンボンしずるライスなどが同期で、大阪NSCでは、かまいたち和牛天竺鼠などが同期となる。主に漫才を披露し、M-1グランプリでは計6回準決勝に進出、THE MANZAIでは計4回認定漫才師となり、そのうち2回は決勝戦に進出している。

「囲碁将棋は、東京吉本の若手の間でカリスマ視されるほどの実力者です。野球やパチンコなど、マニアックな題材も多く、言葉選びもセンスにあふれている。決して斜に構えたスタイルではなく、男臭かったり、バカバカしかったりする要素も多い。他に類を見ない独自スタイルの漫才師ですね」(お笑い事務所関係者)

 大宮セブンに注目が集まり始めるとともに、囲碁将棋のメディア露出も増加している。今年4月にはCSテレ朝チャンネル1で初の冠番組『囲碁将棋の山はなんでも知っている』全6回が放送。6月15日放送の『ロンドンハーツ』のドッキリ企画には根建が登場し、さらに6月24日放送の『アメトーーク!』の「立ちトーーク」にも根建が出演する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「マヂカルラブリー」に関する記事

「マヂカルラブリー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マヂカルラブリー」の記事

次に読みたい「マヂカルラブリー」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク