千鳥ら若手が力をつけた関西ロケ番組『せやねん!』フースーヤが成功の予感!ボケ倒すロケに大絶賛が
拡大する(全1枚)
MBS『せやねん!』公式サイトより

 松本人志が局長をつとめる『探偵!ナイトスクープ』や千鳥がMCの『相席食堂』(ともに朝日放送)など、関西制作のテレビ番組は見逃せないものばかり。近年では、TVerをはじめとする配プラットフォームの充実により全国各地の番組も視聴できるようになり、関西局の存在感も増している。昔から、若手タレントたちがこういったローカル番組で力や自信をつけてから東京へ進出し、活躍するパターンは数多い。

 そんな関西制作のもののなかで、絶対に見逃してはならない長寿番組がある。毎週土曜日オンエアの『せやねん!』(毎日放送)だ。

 2001年にスタートした同番組は、ダウンタウンと同期のお笑いコンビ、トミーズを中心とした情報バラエティ。なぜ『せやねん!』に注目するべきなのか? それは番組内のロケコーナーが若手芸人たちにとって登竜門的になっているからだ。歴代のロケコーナー担当は、ブラックマヨネーズ、千鳥、かまいたちなど。錚々たる顔ぶれだが、全国での本格ブレーク前、同番組のロケコーナーで腕を磨いていた。

 6月26日のオンエア回ではニッポンの社長、フースーヤの若手2組が、各分野でトップの人、もの、場所の真髄を学びに行くコーナー「はじめまして!ヨッ!ほぼニッポン1!?」に登場。トミーズ・雅が「内容がおもしろかったらレギュラーに」と断言したことで、スタジオ内は色めきだった。

 ただ2組のロケ内容は、やや明暗が分かれるかたちとなってしまった。ニッポンの社長のケツ、辻は『せやねん!』初ロケとあってか、気負いすぎた感があった。VTRがはじまる前から辻も「はりきりすぎて空回りした。オープニングから頑張りすぎて、衝撃の展開になってしまった」とエクスキューズ。