小林賢太郎の解任騒動で片桐仁の出演が厳しそうなあの人気ドラマの劇場版

小林賢太郎の解任騒動で片桐仁の出演が厳しそうなあの人気ドラマの劇場版
拡大する(全1枚)
※イメージ写真(GettyImagesより)

 東京五輪・パラリンピック組織委は開会式前日の22日、開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」として統括役を務めていた元お笑いコンビラーメンズの小林賢太郎氏の解任を発表し大騒動に発展した。

 問題となったのは、小林氏がラーメンズ時代の1998年に発表したビデオに収録されているコント。ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)をネタにした、『ユダヤ人大量惨殺ごっこをやろう』というセリフが含まれており、21日深夜から22日未明にかけてSNSなどで一気に拡散したのだ。

 そして五輪組織委は深夜から対応を協議し、22日午前11時から行われた会見で、橋本聖子会長が解任を発表。「過去の歴史上の痛ましい事実を揶揄していた。深くおわび申し上げる。責任を痛感している」と謝罪した。

「開会式を巡っては楽曲制作担当の一人だったミュージシャン・小山田圭吾が過去のいじめ告白で批判を浴び19日に辞任。その後、ネット上では制作チームの〝あら探し〟が行われ、結果、小林氏も“完全にアウト”となってしまった。小山田と比べ、小林氏の場合は国際問題に発展してしまう行為だったが、組織委の身体検査が甘過ぎた、という声が多く聞かれている」(五輪担当記者)

 各スポーツ紙などによると、22日夜、小林氏とコンビを組んでいた相方の片桐仁が所属事務所を通して謝罪文を発表。

 片桐は謝罪したうえで、『当時、差別的な表現や不謹慎な言い回しに対する意識が低く、それによって不快な思いをする相手の方がいることを、想像出来ていませんでした。若気の至りと言えない、非常識な人間だったと思います』と反省したが、どうやら遅きに失した模様だ。


当時の記事を読む

片桐仁のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「片桐仁」に関する記事

「片桐仁」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「片桐仁」の記事

次に読みたい「片桐仁」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク