『バッド・インフルエンサー』SNSと“虚言癖”の相乗効果で成功した女性と、メディアの大問題

『バッド・インフルエンサー』SNSと“虚言癖”の相乗効果で成功した女性と、メディアの大問題
拡大する(全1枚)
「バッド・インフルエンサー インスタ詐欺の顛末(てんまつ)」NHK公式サイトより

 
 8月19日にNHK BS1で放送された『バッド・インフルエンサー インスタ詐欺の顛末』が、衝撃的な内容であった。

 若くして癌を患い、脳腫瘍と診断されたベル・ギブソン。彼女は末期がん患者でありながら、自ら考案した野菜中心の食生活や運動による代替療法によって余命を遥かに超えて生き長らえた。その体験談はInstagramで絶大な支持を獲得し、著書の出版やアプリの発表などで大成功を収めたものの、ベルの実態は虚言まみれだった――。オーストラリアで実際に起こった事件を題材にしたドキュメンタリーである。

 この手の話は、世界中で発生している事案だ。もちろん、日本でも。有栖川宮詐欺事件、佐村河内守やSTAP細胞の騒動、血液クレンジングのステマなどは、このパターンなのでは? 

 加えて、メンタリストの差別発言が大問題になったばかりの時期でもある。今回の放送は絶好のタイミングだった。

SNSの情報に右往左往する生活

「バッド・インフルエンサー」というタイトルは、そのものズバリの直球だ。SNSを活用する人は見ておいたほうがいいドキュメンタリーだった。

 番組にはベルの元フォロワーである3人の女性が登場。その内の2人は病を抱え、切実に「健康になりたい」と願っていた。そして、ベルと出会った。「弱ってる私たちにウェルネス(一般的な疾患を自分の力で治そうとする考え方)は近づいてくる」という後日談には実感がこもっている。検査と投薬の繰り返しに悩む者からすると、ベルの生き方はキラキラして見えた。だから、「彼女みたいに生きたい」と考えるようになった。自分の体の主導権を取り返そうとし、むしろ別の他者に奪われた形になっているのは皮肉だ。ベルに影響を受け、代替療法を信じ、治療に悪影響が出た患者は多数いる。命を落とした人さえいた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク