『ガキ使』年末特番はどうなる? BPOの審議とバラエティ制作現場のジレンマ

『ガキ使』年末特番はどうなる? BPOの審議とバラエティ制作現場のジレンマ
拡大する(全1枚)
ダウンタウン(写真/Getty Imagesより)

 BPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会が8月24日、「痛みを伴うことを笑いの対象にするバラエティー番組」についての審議に入ることを公表して波紋を広げている。

 青少年委員会は、ある特定の出演者に痛みを伴う行為を仕掛けて、それをみんなで笑うような苦痛を笑いのネタにする番組に対し、視聴者から「不快だ」「いじめを助長する」などの意見がかねてから継続的に寄せられていることを問題視し、今回審議入りすることを決めたという。

 バラエティー番組を手掛ける放送作家は語る。

「もともと、バラエティー番組に関してはだいぶ以前から昭和の頃に許されていたような過激な演出はNGとされていました。いわゆる罰ゲームの演出でもひと昔前に流行った“ゴムパッチン”なんかは、昨今ではほとんど目にする機会がなくなっています。とはいえ、ただでさえこうした厳しい状況だったことに加えて、近年はテレビ不況による制作費の切り詰め、そして昨年からは新型コロナウィルスの感染対策を加味した演出を余儀なくされ、現場は四苦八苦していましたからね。そんな中でのさらなる追い打ちとなると、ほとんどお手上げ状態でしょう」

 実際、かつてほどの過激な内容は放送できないとはいえ、現状でも多くのバラエティー番組が痛みを伴う罰ゲームやドッキリなどの企画、演出に頼っている部分は多い。

 しかも、過去にはこんな出来事も……。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ダウンタウン」に関する記事

「ダウンタウン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ダウンタウン」の記事

次に読みたい「ダウンタウン」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク