『ハコヅメ』VS『TOKYO MER』…視聴率競争はTBSに軍配も“ドラマ作品”としては日テレの勝ち?

『ハコヅメ』VS『TOKYO MER』…視聴率競争はTBSに軍配も“ドラマ作品”としては日テレの勝ち?
拡大する(全1枚)
『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』公式サイトより

 いよいよ今夜、最終回を迎える日本テレビ系水曜ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』。戸田恵梨香永野芽郁という朝ドラ女優の豪華W主演、人気漫画の映像化など、放送開始前から話題に事欠かなかった『ハコヅメ』だが、放送開始以降も順調に視聴率を上げてきた。

 最終回直前となる第8話の世帯平均視聴率は11.6%(関東地区・ ビデオリサーチ調べ/以下同)となり、2桁に乗せることが難しい近年のドラマ業界でこれほど安定した視聴率を出してくるドラマは稀だ。他作品のラインナップによっては今期一番の高視聴率ドラマとなる可能性もあったが、残念ながらその座は、ひと足先に最終回を迎えたTBS系日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に奪われた。

 12日に放送された鈴木亮平主演『TOKYO MER』最終話の世帯平均視聴率は、なんと20%手前の19.5%にまで迫った。最終回直前の第10話が13.5%だったことを考えると驚くべき飛躍だ。『ハコヅメ』がこれを越えることは難しいだろうが、この成績には多少のリスクも伴ったと言わざるを得ない。

 『TOKYO MER』は重大な現場に駆けつける架空の救命救急チームを舞台にした、オリジナル脚本の医療ドラマだが、毎回ドラマの終盤で叫ばれる「死者0です!」という痛快な決まり文句が視聴者にウケていた。しかし、最終回直前の第10話ではついに死者が出てしまう。それが主人公・喜多見幸太(鈴木亮平)の妹・涼香(佐藤栞里)だった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

戸田恵梨香のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「戸田恵梨香」に関する記事

「戸田恵梨香」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「戸田恵梨香」の記事

次に読みたい「戸田恵梨香」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク