オダギリジョーが生み出した怪ドラマ『オリバーな犬』が話題沸騰  続編・映画化を求める声が続出するワケ
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 オダギリジョーが出演・演出・脚本・編集を手掛けたNHKドラマ『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』が話題沸騰となっている。NHKらしからぬぶっ飛んだ内容でコアな視聴者をつかみ、続編や映画化を希望する声が殺到しているのだ。

 同作はオダギリが温めてきたオリジナル企画を基に制作され、9月17日から土曜のNHK総合「ドラマ10」枠で全3話が放送された。

 ストーリーは、池松壮亮が演じる主人公の警察官・青葉一平と相棒の警察犬・オリバーが次々と発生する不可解な事件に挑んでいくという警察モノなのだが、オリバーを演じているのは着ぐるみ姿のオダギリだ。オリバーは主人公と視聴者にだけ、着ぐるみ姿の「スケベなおじさん」に見えるという設定になっている。

 おふざけドラマのようにも思える設定だが、キャストはメインどころだけでも麻生久美子、本田翼、岡山天音、國村隼、永瀬正敏、松重豊、橋爪功、永山瑛太、佐藤浩市、柄本明、染谷将太、仲野太賀など、大河ドラマ級の豪華さ。彼らが演じるのはクセが強すぎる人物ばかりで、特に柄本が演じたホームレスは重要な秘密を知っていそうなのに、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で話題になった「ミスター押忍」こと和田和三氏よろしく、ほぼ「押忍」しか言わない強烈キャラで視聴者にインパクトを残した。

 さらに、カメオ出演的なチョイ役にも、オダギリの妻である香椎由宇を始め、鈴木慶一、細野晴臣、火野正平、坂井真紀らが登場。たった3話のドラマということを考えれば、普通ならキャストのギャラだけでとっくに予算オーバーだ。