BE:FIRST、韓国でディスられている!? 日韓音楽ファンの視線の違いとは

BE:FIRST、韓国でディスられている!? 日韓音楽ファンの視線の違いとは
拡大する(全1枚)
「BE:FIRST」公式サイトより

 SKY-HIがプロデュースするボーイズグループ「BE:FIRST」。オーディション終了後、11月の本格デビューを目指して人気は着実に上昇中。今年の日本の芸能界を彩る“新星”として、その活躍に期待が集まっている。

 ところで、気になるのは最近、「BE:FIRSTに対する海外の反応」というような、日本語のまとめ記事が増えていることだ。

 もともとBE:FIRST は、世界で活躍するボーイズグループをつくりたいという、SKY-HI氏らの想いから始まったもの。それらまとめ記事によれば、K-POPを擁する韓国や、そのほかの海外各国からも狙い通りに「BE:FIRSTが認めら始めている」という内容が目立っている。

 はたして、それら反応は全体的に真実なのだろうか。

 調べてみたところ、韓国語のSNSやYouTubeのコメント欄などみていくと、それらポジティブな書き込みとは正反対。むしろ、“ディス”るコメントがそこかしこで散見される。例えば、「最近、日本でK-POPに対抗して世界を目標につくられたアイドル」というスレッドには、次のような書き込みがあった。

「なんで見ている私が恥ずかしくなるのだろう」
「デビュー前から世界どうのこうの言ってるのなら、セカンドアルバムからは宇宙目指すの?」
「私は特にK-POPのファンでもないけど、彼らを見ているとBTSが見たくなる」
「日本はアイドルを育てずに、初音ミクでも育てた方がいい」
「なんだかんだ、K-POPをキャッチアップするのね」
「私は一時、J-POPが大好きだったんだけど…なんだろう、ちょっと」
「あれ(あの実力で)で生ライブをやる覇気はよし」
「(K-POPに)対抗するのではなく、J-POPの強みを活かしてそれぞれうまくやればいいのに…私は昔から今もJ-POPを聞いているけど、対抗して何か寄せようとするのが嫌だ。彼らなりの感性があるはずなのに…」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク