岸田文雄政権を壊す“疑惑の総合商社”甘利幹事長と短命政権への道
拡大する(全1枚)
Getty Imagesより

今週の注目記事・第1位「誰が『眞子さま』を壊したのか-『PTSD』で言論封殺の全内幕」(『週刊新潮』10/14日号)「元婚約者A氏を皇室記者がインタビュー!小室圭さんの『面会要求』の答え」(『週刊現代』10/16日号)「眞子さま『自由も人権もない』<苦悩と強情>29年」(『週刊文春』10/14日号)

同・第2位「アメリカが愛する大谷翔平」(『ニューズウイーク日本版』10/12日号)「『大谷翔平』栄光の原点-『ベーブ・ルース』に迫った心技体」(『週刊新潮』10/14日号)

同・第3位「岸田政権を壊す男 甘利明幹事長のウソ」(『週刊文春』10/14日号)「〈弱くても勝てます〉『岸田文雄』研究」(『週刊新潮』10/14日号)

同・第4位「新内閣は『疑惑の玉手箱』じゃけぇ」(『週刊文春』10/14日号)

同・第5位「体脂肪計タニタお家燃焼中、兄が社長の弟をパワハラ告発」(『週刊文春』10/14日号)

同・第6位「『サクラ印ハチミツ』お家騒動で暴露された発がん性疑惑農薬基準値超え」(『週刊新潮』10/14日号)

同・第7位「滝菜月アナ、イケメン会社員と浅草デート-ヒルナンデスの美人アシスタント」(『フライデー』10/29日号)

同・第8位「コロナ後、間違えないおカネの備え/カネ持ち老後VSビンボー老後」(『週刊現代』10/16日号)

同・第9位「ハンカチ王子引退でオファーしたあの報道番組」(『週刊文春』10/14日号)「ハンカチ王子斎藤佑樹が11年も生き残れた真の理由」(『週刊新潮』10/14日号)