マヂラブのネタ一般的には微妙な評価も一歩違えば決勝進出もあった?

マヂラブのネタ一般的には微妙な評価も一歩違えば決勝進出もあった?
拡大する(全1枚)
TBS「キングオブコント2021」公式サイトより

 10月2日「お笑いの日」より、新たなキングオブコントチャンピオンが誕生した。数々のドラマとスターを生み出してきた本大会は、イチお笑い賞レースという枠組みを遥かに超えた注目度で日本中のお笑いファンを楽しませてくれた。

 大会委員長の松本人志が「高レベルだった」と評すほどの盛り上がりを見せた、「キングオブコント2021」の各ネタを、現役お笑い芸人が振り返る。

【※以下、ネタバレ有り】

蛙亭「ホムンクルス」

 研究室から脱走したホムンクルスと、ホムンクルスを作り出した博士のコント。

 ホムンクルスというキャラクター性の強い題材を選びながらもキャラ推しではなく、むしろキャラをエッセンスとして使っている所が突き抜けたセンス。

“ホムンクルスあるある”を随所にボケとしてハサみながらも、基軸となっているのはストーリーを追いながらのホムンクルスと博士の“感情ボケ”。関係性・感情の変化を中心に据える事で、ともすればキャラ推しではクドくなりがちな5分という尺の長さを、興味を引きつけながら完結させている。

 ちなみに通常、このような非日常設定を題材にするのはやや難易度が上がる。なぜならボケとは基本、「裏切り」と「共感」で成立するものだからだ。

 空気階段の2本目のネタで詳しく説明するが、非日常設定はお客さんの中に常識となる基軸が存在しない場合が多い為、何でもありな状況になりやすい。何でもありな状況では、裏切りも共感も存在せず、ボケが成立しない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松本人志のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「松本人志」に関する記事

「松本人志」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松本人志」の記事

次に読みたい「松本人志」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク