秋元康手がける『真犯人フラグ』は“トラウマドラマ”? 高評価の声上がるも、早くも離脱者多数か

秋元康手がける『真犯人フラグ』は“トラウマドラマ”? 高評価の声上がるも、早くも離脱者多数か
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 西島秀俊が主演を務める日本テレビ系ドラマ『真犯人フラグ』の第1話が10月10日に放送された。2019年に考察ブームを巻き起こしたドラマ『あなたの番です』(同)の制作陣が再集結とあって、前評判が高かった本作。初回の世帯平均視聴率は8.4%、個人視聴率は4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずの滑り出しだが、SNS上では「やばい面白すぎる」「さすがあな番チーム」など絶賛する声が上るほか、散りばめられた伏線や犯人に対する考察合戦も早くも盛り上がりを見せている。

 第1話では、運送会社に勤める主人公・相良凌介(西島)の妻・真帆(宮沢りえ)が娘と息子とともにいなくなり、母子失踪事件として取り上げられ関心を集めるも、凌介は世間や警察から疑惑の目を向けられてしまう、といった展開。物語の序盤から近所の怪しい“猫おばさん”(平田敦子)の意味深な言葉や、駅のホームで凌介に意味ありげに近づいた謎の女(生駒里奈)の言動など、数々の謎に満ちた幕開けとなった。

 表情や言動が怪しい人物が多すぎて、SNS上では早くもさまざまな伏線が指摘されており、「真帆は不倫していた」「息子はイジメの加害者」などそれぞれ思い思いの考察が披露されている。

 だがその一方で、初回から離脱者を多数生んだのではといった危惧もある。なぜなら、第1話が怖すぎたからだ。

 不気味で不穏な空気が終始漂い、音響やカメラワーク、登場人物の怪しい表情などすべてが観る者の不安を掻き立てる。そして何よりもラストシーンが視聴者に衝撃的だった。会社で残業をする凌介のもとへ届けられる大きな段ボールの荷物。開くとそこには、大量の氷とともに息子らしき人間の腕が……。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

西島秀俊のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西島秀俊」に関する記事

「西島秀俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西島秀俊」の記事

次に読みたい「西島秀俊」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク