『真犯人フラグ』の犯人は公式サイトで一目瞭然? “3番目の男”に視聴者がザワつく理由

『真犯人フラグ』の犯人は公式サイトで一目瞭然? “3番目の男”に視聴者がザワつく理由
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

24日に第3話が放送される西島秀俊主演の日本テレビ系ドラマ『真犯人フラグ』。総勢30名以上のキャストが登場する、2クール連続放送のノンストップ考察ミステリーだ。初回から衝撃の展開が続き、SNSやネット上ではさまざまな考察がなされ、盛り上がりを見せている。

同作は、ある日突然妻子が姿を消し、世間から疑いの目を向けられることになってしまった相良凌介(西島)が、真実を暴き家族を探し出すために奔走するというストーリー。出演者全員に秘密があるように描かれ、誰もが怪しく見えるなかで、ある謎の人物に注目が集まっている。それは、事件の何かを知っていそうな若手起業家でありベンチャー企業の社長・橘一星。演じているのは佐野勇斗

だ。

同ドラマの公式サイトでは、視聴者の推理による真犯人の投票を呼びかけており、毎週その果をランキングにして発表しているが、佐野演じる橘は、初回は第1位、2回目も第2位と、多くの視聴者から疑われている人物なのだ。

その理由のひとつとして多くの視聴者に指摘されているのが、ミステリー・サスペンス系ドラマにおける、ある法則。それは“上から3番目に書かれた出演者が犯人説”だ。これは、2005年放送のバラエティ番組『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』(フジテレビ系)で検証された「2時間サスペンスドラマにおける犯人は、新聞のテレビ欄で何番目ぐらいに書かれているものなのか」という「トリビアの種」が由来。前年に放送された各局の民放2時間サスペンスドラマ計201作品を対象に調査したところ、一番多かったのはテレビ欄で3番目に書かれた役者が犯人だった(31%)という結果だった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

西島秀俊のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西島秀俊」に関する記事

「西島秀俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西島秀俊」の記事

次に読みたい「西島秀俊」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク