ビートたけし語った「おぼん・こぼん仲直り」事件、芸人の“コンビ仲問題”に関する明快な答え

ビートたけし語った「おぼん・こぼん仲直り」事件、芸人の“コンビ仲問題”に関する明快な答え
拡大する(全1枚)
ビートたけし(Getty Imagesより)

 ここ最近のお笑い界の大きな話題といえば、ベテラン漫才コンビ「おぼん・こぼん」の仲直り。お笑い界で一、二を争う不仲コンビが、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画で見事に仲直りし、2人が出演する東京・浅草の『東洋館』は連日満員御礼が続いている。お笑い界には根強く「コンビ=仲が悪いもの」という伝説があるが、これはいったい本当なのか?

水ダウ』のおぼん・こぼん仲直り企画は、2019年に端を発するものだ。この時は「解散ドッキリ」を仕掛けたところ、本当に解散しそうになり、2人の不仲が露わに。2回目は「催眠術で仲直り」を仕掛けたが、これも失敗に終わった。3回目は、コンビの歴史をたどるVTRを2人に見せ、こぼんの娘の結婚式も巻き込んで、コンビ仲修復を図るもの。いったんは解散宣言まで飛び出したが、結局2人は握手を交わし、仲直りは実現した。

「この放送は視聴者のみならず芸人仲間も感銘を受けたようで、東野幸治が『思わず涙した』と語れば、さまぁ~ず三村マサカズは『我々も仲がいいコンビと言われてますが、紙一重だと思います』とコメント。一方で、島田洋七は『ケンカしてたから話題になった』、爆笑問題太田光は『仲が悪かったから面白かったのに』とクールな意見もあり、いずれにしても芸人さんたちには何かしら思うところはあったようです」(芸能誌記者)

 そんななか、お笑い界の頂点に君臨し、おぼん・こぼんのこともよく知るビートたけしは、『週刊ポスト』の連載で興味深い意見を述べている。『水ダウ』のおぼんこぼん仲直り企画について「浅草界隈で話題になっている」というたけし。大御所の視点は冷静だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビートたけしのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ビートたけし」に関する記事

「ビートたけし」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ビートたけし」の記事

次に読みたい「ビートたけし」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク