今年の『紅白』の目玉は? 上白石萌音の昭和歌謡、櫻井&相葉とあの男をトリオに…囁かれる「苦肉の策」

今年の『紅白』の目玉は? 上白石萌音の昭和歌謡、櫻井&相葉とあの男をトリオに…囁かれる「苦肉の策」
拡大する(全1枚)
上白石萌音(写真/GettyImagesより)

 先日、『第72回NHK紅白歌合戦』の司会者とテーマが発表された。今年の大みそかといえば、日本テレビ系の恒例特番『絶対に笑ってはいけない』シリーズは休止となることが決まっているが、意外にもNHK関係者に喜びの顔は見えないという。

「2006年から15年間、民放トップをキープしてきた『笑ってはいけない』がなくなったことで、視聴率を食われていた『紅白歌合戦』が盛り返す絶好のチャンスが巡ってきた。にもかかわらず、今年は誰もが聞いたことのあるヒットソングが皆無に近い状態。どうやって盛り上げたらいいのかと、『紅白』スタッフは頭を抱えています」(テレビ誌ライター)

 連日、会議が重ねられる中で、ひねり出されたのが「韓流押し」。

「昨年の流行語大賞にノミネートされていたように、現在は『第4次韓流ブーム』です。BTSの大躍進に加え、『愛の不時着』『梨泰院クラス』の大ヒットにより、再び韓国ドラマが注目され、今年は『イカゲーム』が空前の大ヒットとなっています。この話題にK-POPグループを絡めようというわけですが、この状況では来日は厳しく、しかし中継では盛り上がりに欠ける。正直、インパクトは弱いですね」(音楽ライター)

 今年を振り返るうえで欠かせないのが東京五輪・パラリンピック。当然、ここはNHKも演出の目玉にしたいところだろう。

が一夜限りの復活を果たせばビッグサプライズになるのでしょうが、今のところ実現する可能性は極めて低い。とはいえ、NHKの五輪ソングに嵐の『カイト』が使われており、五輪番組を担当した櫻井翔相葉雅紀の出演は確実。ここに、『カイト』の作詞・作曲を担当した米津玄師を加えたトリオにすることでサプライズ感を出そうしているとの話も。これに、民放の東京オリンピック共同応援ソング『SMILE~晴れ渡る空のように~』の桑田佳祐、開会式での『君が代』が絶賛されたMISIAも加えて東京五輪枠とし、山を作っていきたいようです」(テレビ関係者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

上白石萌音のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「上白石萌音」に関する記事

「上白石萌音」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「上白石萌音」の記事

次に読みたい「上白石萌音」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク