テレ朝『報ステ』が予想外すぎる低迷…富川悠太、徳永有美アナが秘かに“復権”目論むか

テレ朝『報ステ』が予想外すぎる低迷…富川悠太、徳永有美アナが秘かに“復権”目論むか
拡大する(全1枚)
報道ステーション』(テレビ朝日系)

 10月4日から、元NHKの大越健介氏をメインキャスターに据えた新生『報道ステーション』(テレビ朝日系)が予想外に低迷しているようだ。

 同番組は同1日まで、月曜から水曜が小木逸平アナと徳永有美アナ、木曜と金曜が富川悠太アナと森川夕貴アナがMCを務めていたが、同4日から月曜から木曜まで大越氏、小木アナ、2年目の渡辺瑠海アナ、金曜が富川アナと徳永アナの体制に変更となった。

 大越氏はNHKでの政治記者を経て、ワシントン支局長を歴任。10年春から5年間、NHKの看板報道番組『ニュースウオッチ9』のMCを務めたベテランで、今年6月いっぱいで同局を退社。報道キャスターとしての知名度はバツグンで、テレ朝上層部は“一本釣り”に成功したわけだ。

 しかし、新体制になって1カ月が経過したが、視聴率的には意外にも低迷が続いている。大越氏の就任初日(10月4日)の視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べの世帯視聴率/関東地区、以下同)で、旧体制の最終日(同1日)の12.2%、その前日(9月30日)の14.0%と比べると落ち込んでいる。ただ、大越氏は“持っている”というべきか、就任直後の10月7日の放送中には関東地区で大きな地震が発生したことで放送を延長し、15.1%の高視聴率を獲得。その後も自民党総裁選、衆院選と大きな出来事が続いていたが、そのわりに“大越効果”はなかなか見られず、トータルで見ると視聴率は微減状態が続いているようだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

富川悠太のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「富川悠太」に関する記事

「富川悠太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「富川悠太」の記事

次に読みたい「富川悠太」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク