今注目される仏教大論争「最澄vs.徳一」議論が成立しない現代人が学ぶべき“マナー”とは?

今注目される仏教大論争「最澄vs.徳一」議論が成立しない現代人が学ぶべき“マナー”とは?
拡大する(全2枚)
展覧会「最澄と天台宗のすべて」のサイトより

『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』(岩波新書)という本が発売前から話題を呼んでいた。天台宗を開いた最澄は、真言宗の開祖・空海とともに平安仏教を代表する存在として教科書にも登場するが、法相宗の徳一は一般的な知名度はあまりない。

 なかなかマニアックなトピックにも思えるこの2人の論争について、なぜ今、注目が集まっているのか。思想的に相容れない最澄と徳一が5年の歳月をかけて大量の応答を行ったこの論争には、今日の民主主義、多宗教時代に顧みるべき現代的な意義があるというが、果たしてそれはどんなことなのか。本書を著した仏教研究者の師茂樹氏(花園大学文学部教授)に訊いた。

今注目される仏教大論争「最澄vs.徳一」議論が成立しない現代人が学ぶべき“マナー”とは?
師茂樹著『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』(岩波新書)

徳一が主流派で、最澄は新興勢力だった

──一般的には最澄のほうが有名で徳一は知られていないけれども、当時は徳一の所属する法相宗のほうがメジャーで、天台宗を認めてもらったばかりの最澄のほうがチャレンジャー的な立場だったそうですね。

師 はい。法相宗は日本の仏教を中世あたりまでリードしていた宗派で、藤原氏の氏寺・興福寺などが有名ですね。最澄が開いた比叡山は、その後に登場してきて宗教勢力、大学として栄え、鎌倉時代には親鸞や道元などを輩出しますが、平安時代初めにできたときは新興勢力でした。最澄は比較的早くに桓武天皇に抜擢された存在ですが、徳一と論争していた頃は勢力としては脆弱でした。


この記事の画像

「今注目される仏教大論争「最澄vs.徳一」議論が成立しない現代人が学ぶべき“マナー”とは?」の画像1 「今注目される仏教大論争「最澄vs.徳一」議論が成立しない現代人が学ぶべき“マナー”とは?」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク