『最愛』キーパーソンの突然の死で深まる謎…田中みな実の奮闘演技に賛否両論

『最愛』キーパーソンの突然の死で深まる謎…田中みな実の奮闘演技に賛否両論
拡大する(全1枚)
TBS『最愛』公式インスタグラムより

「気がつくと考えている。もしもあの時、違う道を選んでいたとしたら……」

 橘しおり(田中みな実)の悲壮感たっぷりな語りから始まった、11月26日放送のTBS金曜ドラマ『最愛』第7話。

 渡辺康介(朝井大智)の失踪事件とその父・昭(酒向芳)の殺人事件に関する重要参考人になった真田グループの子会社社長・梨央(吉高由里子)と、その事件の自供をしていた弟・優(高橋文哉)は第6話で容疑が晴れ、離れ離れだった時間を埋めるごとく、一緒に暮らしている。

 未来の話をしながら、楽しい家族の時間を過ごす一方、梨央の初恋の相手で事件の担当刑事だった大輝(松下洸平)は、姉弟に肩入れし過ぎた結果、事件は未だ解決にいたっていないのに左遷されてしまっていた。

 そしてフリーの記者である橘は、執拗に真田グループの不正を追い回しているが、その動機には失踪前の康介による性的暴行の被害を受けていたことが関係ありそうで、大輝の属していた陸上部の合同合宿の際に、梨央とも接触していたことがあったのだ。

 梨央はその事実を知り、橘の取材を受けることにしたのだが、いざ一室で対面してみると、橘はボイスレコーダーのスイッチを切り「あの日から人生が一変しました。なのに、あなたは世界を変える30代。こっちは息をするのもやっとの思いで生きてきたのに、こんな不平等なことってあります?」と、涙目で梨央を見つめ、昭の殺害事件への関与をほのめかすような発言を続けた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

田中みな実のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田中みな実」に関する記事

「田中みな実」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田中みな実」の記事

次に読みたい「田中みな実」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク