生田絵梨花、乃木坂46だけじゃないアイドルの可能性を広げた偉大すぎる背中

生田絵梨花、乃木坂46だけじゃないアイドルの可能性を広げた偉大すぎる背中
拡大する(全1枚)
生田絵梨花 乃木坂46卒業記念メモリアルブック「カノン」(講談社)

 2021年に結成10周年を迎えた乃木坂46。その1年を振り返ると、草創期からグループを支えてきた1、2期生の卒業が相次ぎ、世代交代を強く感じさせる年でもあった。

 乃木坂46を去っていったメンバーたちは、グループや私たちファンに何を遺してくれただろう。このシリーズでは、2021年に卒業した8人のメンバーを順番に取り上げ、その軌跡を改めて振り返りたい。

 第8回目は、生田絵梨花。

『16人のプリンシパル』で生田はすでに異彩を放っていた

 乃木坂46の1期生として2011年の結成からグループの中心的存在であり続け、さらにはアイドルのみならず、ミュージカル女優としての道を切り開いてきたのが生田絵梨花という人である。乃木坂46は舞台を基盤とし、これまでも数多く舞台で活躍する卒業生を出してきたが、生田もまたミュージカルというジャンルの第一人者として、外部へと進出したメンバーだった。

 生田はそもそもグループに入る前からミュージカル『アニー』に影響を受けてミュージカル女優を志していた。乃木坂46を受けたのもミュージカルと共通点があるという理由からだったそうだ。

 生田のミュージカル女優としての才覚は、加入してすぐに発揮される。それが2012年に開催された選抜制ミュージカル『16人のプリンシパル』だ。メンバー間における熾烈な争いが繰り広げられる中、生田は全9公演のうち6公演で主演のアリス役に選出されている。結成初期、まだパフォーマンスのおぼつかないメンバーが多かった中で、生田のパフォーマンスは別格だったと言えるだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

生田絵梨花のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「生田絵梨花」に関する記事

「生田絵梨花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「生田絵梨花」の記事

次に読みたい「生田絵梨花」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク