久慈暁子アナ、フジ退社は「英断」 田中みな実、鷲見玲奈超えのブレイクなるか?
拡大する(全1枚)
久慈暁子フジテレビアナウンサー)Instagram(@kuji_akiko)より

 フジテレビの久慈暁子アナウンサーが今年の4月30日をもって、同局を退社することが明らかとなった。22日放送の『めざましどようび』(同)に出演した久慈は、「このめざましどようびも、春の卒業までしっかり務めて参りますので、よろしくお願いいたします」とコメントしている。

 次期エースとして期待をかけられていた久慈アナに、いったい何が起きたのか?

「久慈アナは青山学院大学時代に「non-no」(集英社)でモデルとして活動するなど、入社前から知名度があった。日本テレビからも内定をもらっていたのですが、フジの幹部から熱烈なオファーを受けて入社することになったんです。そういった経緯もあるので、入社後わずか3カ月でミニ番組『クジパン』のMCに抜擢。その後も、将来のエース候補を潰さないようにと久慈アナの意向を聞きながら大切に育ててきました。なので、今回の退社には他局からも驚きの声が聞こえています」(民放関係者)

 そんな久慈アナに転機が訪れたのは、人気番組をめぐるキャスター争いだったという。

「入社年からフジの看板となる番組『めざましテレビ』に抜擢され、スポーツキャスターなどを担当しました。ゆくゆくは、メインキャスターになることは既定路線といわれていた。しかし、結局は後輩の井上清華アナにそのポジションを奪われた。久慈が落ち込んでいると、追い打ちをかけるように昨年4月、『文春』でフジのアナウンサーによるステマ疑惑問題が報じられた。真面目な性格の久慈は悩んで上層部に相談していたが、なんとか誤魔化して逃げ切ろうとする会社に不信感を持つようになり、親しい人間にはフリーになることを相談していたそうです」(民放関係者)