頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係
拡大する(全12枚)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞ...の画像はこちら >>
上総広常(佐藤浩市)|ドラマ公式サイトより

 『鎌倉殿の13人』第6回は内容が複雑なのに、あっという間に放送時間が終わってしまう流れの良さで驚かされました。

 『吾妻鏡』などの史書によると、「石橋山の戦い」で惨敗した頼朝は、真鶴(まなづる、神奈川県西部)から、安房(あわ、現在の房総半島の南端)まで小舟に乗って逃走したとされます。このあたりも歴史学者の間では諸説あるのですが、どの説も(当然ながら)証明しようがありません。大河ドラマを一般視聴者が楽しむ上でそこまで大きな違いはないと思うので、今回は特に触れないことにしましょう。

 脱出の経緯はともかく、房総半島の南端に命からがらたどり着いた源頼朝は、当地の武士たちと急速に関係を深めることで、かつてないほど勢力を拡大し、再起を遂げることになります。なかでも第6回の終盤に登場し、ネットの話題をさらった上総広常(佐藤浩市さん)は、頼朝を勝利に導いた男として注目されるべきでしょう。

 頼朝が自分たちの戦力に決定的な勢いをつけるため、味方になってほしいという書状を出したのが、当地の大物武将である千葉常胤(ちば・つねたね)と上総広常(かずさ・ひろつね)の2人でした。両者ともに源氏とは深いつながりがある家柄です。


この記事の画像

「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像1 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像2 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像3 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像4
「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像5 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像6 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像7 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像8
「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像9 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像10 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像11 「頼朝を勝利に導いた男・上総広常と「裏切り者」畠山重忠、それぞれの頼朝との関係」の画像12