『乃木坂工事中』矢久保美緒、溢れ出る遠藤さくらへの愛 “ジブリキャラ”で覚醒の予感?
拡大する(全1枚)
『乃木坂工事中』(テレビ東京系)

 2月27日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、「褒めっこグランプリ 前編」をオンエア。3週に渡り放送されたバレンタイン企画では、喜びもあった反面、涙を流すメンバーも現れるなど、遺恨を残す企画でもあった。しかし今回はメンバー同士がとことん褒め合うという誰もがハッピーになれる企画だ。見終わった感想としては、これで企画としてしっかりと成立させてしまう「乃木坂46すごい……」である。

秋元真夏鈴木絢音は褒められるのに弱い?

 さて、今回行われる「褒めっこグランプリ」は“グランプリ”とあるように、メンバー同士の対決形となっており、最終的に勝敗が決定される。スタッフによる「攻撃力」「守備力」という独自の指標も加えられ、さながら格闘ゲームの装いである。

 1回目は秋元真夏と梅澤美波というキャプテンと副キャプテン同士の対決に。対決の前には、レフェリーを務めるバナナマン日村勇紀が準備をしているところを、設楽統に促された早川聖来が背後から日村を攻撃する流れがあった。早川は顔を赤らめて恥ずかしそうにしていたが、その勇気のおかげもあって、スタジオは和やかなムードに包まれた。

「褒められるの大好き」「ニヤニヤしちゃいそう」と弱気な秋元に対して、「一発でイケちゃうかな」と自信を覗かせる梅澤。じゃんけんの結果、有利な先行を選んだ梅澤は、秋元の顔を褒める作戦で、秋元の笑顔を引き出しあっさりと勝利。こういうときのキャプテンはとことん弱い。