三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは
拡大する(全12枚)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局...の画像はこちら >>
北条時政(坂東彌十郎)と三浦義澄(佐藤B作)|ドラマ公式サイトより

 前回の『鎌倉殿の13人』第9回も、『平家物語』などでよく知られたエピソードの興味深い翻案が目立ちました。

 「富士川の戦い」の描き方も面白かったですね。都からやってきた平家軍は、駿河国(現在の静岡県)で富士川を挟み、源頼朝率いる源氏軍と向かい合うのですが、深夜、突然一斉に飛び立った無数の水鳥の羽音を源氏軍による奇襲攻撃だと勘違いし、ぶざまにも逃げ出したのでした。

 このエピソードを三谷流に翻案したのが、北条時政(坂東彌十郎さん)に押された三浦義澄(佐藤B作さん)が、川の水面に派手な音を立てて倒れたことをきっかけに水鳥が飛んで逃げたというシーンで、あまりのシュールさに苦笑させられたものです。

 しかし、平家側の“事情”が完全に省略されてしまっていた点は残念でした。『平家物語』では、富士川で源氏軍と向かい合った時、源氏側から飛んできた矢の勢いに恐れを感じた追討軍の大将・平維盛が、斎藤実盛という70代の老武将に“うかつな質問”をしてしまいました。これが自軍の敗北を決定させたという描き方がされているのが興味深いのです。

 斎藤は元・源氏方の武将でしたが、平清盛が「平治の乱」後にスカウトを試み、平家に楯突いた罪を許して部下にした人物でした。今回の戦にも軍事アドバイザーとして雇用されていたので、平維盛が彼に教えを請うたこと自体は間違いではありません。しかし、斎藤は妙に正直で、弁が立ちすぎる男でした。おまけに状況も最悪でした。当時、源頼朝率いる源氏軍は一説には4万もいたとされますが、平家軍はわずか約2000しか残っていませんでしたから。


この記事の画像

「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像1 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像2 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像3 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像4
「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像5 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像6 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像7 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像8
「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像9 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像10 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像11 「三谷流翻案が冴える『鎌倉殿』 生存ルートを進む八重と「阿波局」の関係とは」の画像12