門脇麦『ミスなか』の“豹変”演技で持ち味発揮も…思わぬ「ライバル」となった女優とは?
拡大する(全1枚)
門脇麦演じるライカ(ドラマ公式サイトより)

 菅田将暉主演のフジテレビ系月曜ドラマ『ミステリと言う勿(なか)れ』が、いよいよ佳境を迎える。

 今期ドラマの中では、高視聴率常連の「日曜劇場」枠で放送されている『DCU』(TBS系)に続く高い視聴率をキープしている『ミスなか』。3月7日に放送された「アイビーハウス編」後編となる第9話も、世帯平均視聴率11.6%(関東地区・ ビデオリサーチ調べ)と前話から1.0ポイントアップした。解決編となるストーリーでぐっとポイントを上げてくるあたり、ミステリーものとして視聴者にしっかりと受け入れられている印象だ。今夜21時から放送の第10話は「エピソードファイナル」と銘打たれており、文字通りに受け取るのであれば、今回のドラマ版『ミスなか』で菅田演じる主人公・久能整(くのう・ととのう)が遭遇する最後の事件となりそうである。

 どのような終わり方となるのか注目を集めているドラマ版『ミスなか』だが、一方で第9話終盤で話題となったのが女優・門脇麦の演技だ。門脇が演じているのは、整が入院先の病院で出会う謎の女性。第9話のラストでは、そのライカの正体が仄めかされた。病院を訪れた風呂光(伊藤沙莉)は、ライカを見つける。突然倒れ込んだライカに風呂光は駆け寄り、「ライカさん大丈夫ですか? 具合悪いですか? 誰か呼んできましょうか?」と声を掛けるが、ライカは「大丈夫」「大したことじゃない」と断り、立ち去ろうとする。しかしふたたびライカは倒れ、やってきた看護師は彼女のことを「千夜子さん」と呼び、風呂光は困惑。さらに、しばらくして目を覚ましたライカはまったく違う雰囲気で「ここどこ?」「わたしなんでここにいるの?」と戸惑い、車椅子に乗せられて病室に戻る。その姿はまるで別人のようだった。