「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』
拡大する(全12枚)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河...の画像はこちら >>
源頼朝(大泉洋)|ドラマ公式サイトより

 『鎌倉殿の13人』第10回「根拠なき自信」は、八重(新垣結衣さん)に言い寄るも冷たくあしらわれてしまい、腐った草餅を食べて腹を壊す平六(=三浦義村、山本耕史さん)などに代表される、コントっぽいシーンが際立っていたように思われます。

 八重を頼朝の前妻だと知った亀(江口のりこさん)が、対抗心をむき出しにし、頼朝と二人でいる寝所までわざわざ八重に夜食を持って来させるなど、今後の女性陣の波乱が予想されるシーンもありました。ああいう小憎たらしい亀=亀の前であれば、たしかに北条政子も怒り心頭のあまり、彼女の住まいをぺっちゃんこに潰させてしまうかもな……などと考えたものです。

 また、戦に出たこともないのに、己の必勝を信じている源義経(菅田将暉さん)の姿(まさに「根拠なき自信」)には、空回り感だけでなく、なにか底知れぬ不気味さを感じてしまった筆者でしたが、みなさんはいかがご覧になられたでしょうか。実は頼朝と涙の再会を遂げた後、木曽義仲追討軍の指揮で頭角を現すまで、義経の姿は歴史の記録からは消え去ってしまっています。どこで何をしていたかの記述がないのです。もちろん、『吾妻鏡』に政子の膝で甘える義経のシーンなどは出てきません。ドラマの中で上総広常(佐藤浩市さん)から一喝されていたように、もしかしたら、頼朝のそばにはいたものの、本当に「小僧は黙ってろ」式で扱われていただけという可能性だってありますね。


この記事の画像

「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像1 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像2 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像3 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像4
「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像5 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像6 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像7 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像8
「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像9 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像10 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像11 「「鎌倉殿」という言葉が背負う背景と、「階級闘争」としての大河『鎌倉殿』」の画像12