松本潤『となりのチカラ』で疲労困憊? 夏菜”朝ドラの悪夢”再来か…大河への影響危惧する声も
拡大する(全1枚)
松本潤(写真/Getty Imagesより)

 の松本潤が主演を務めるテレビ朝日系木曜ドラマ『となりのチカラ』の視聴率が右肩下がりとなっている。

 1月20日に放送がスタートした同ドラマは、松本にとって4年ぶりの連続ドラマ主演作であり、嵐の活動休止以降では初めて。さらに、前期の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7シーズンは全話平均視聴率16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で2021年の全民放連続ドラマ1位と絶好調だった木曜21時枠での放送なのに加え、『女王の教室』『家政婦のミタ』(ともに日本テレビ系)などの大ヒット作を手がけた遊川和彦氏の脚本・演出作ということで大きな注目を集めていた。

 しかし蓋を開けてみれば、ドラマの内容には不評の声が相次ぎ、視聴率も低下。初回は世帯平均視聴率11.5%と好スタートだったが、第3話でひとケタ台に転落し、3月10日放送の第6話では7.9%と同作最低を更新してしまった。

「北京五輪の影響で放送休止週を挟んだ影響も大きいでしょうが、やはり『話についていけない』という視聴者が多かった。妻の制止を顧みず、近所の事情にどんどんと首を突っ込んでいき、カフェに行ってはご近所の様子を観察。昔に多くあった、お節介な主人公の優しさに周囲が救われていくヒューマンドラマですが、チカラの行動はやはり現代的な観点からすると不審者に見える。こうした設定が受け入れられなかった人たちが多く、松本のファンですら脱落していった」(芸能メディア・テレビ担当記者)